Main Content

Requirements Summary Table

ブロック、システム、または Stateflow オブジェクトのプロパティと、それらの関連要件

説明

このコンポーネントは、ブロック、システム、または Stateflow® オブジェクトのプロパティを、関連付けられている要件と共に表示します。

オブジェクト タイプ

生成されたレポートに表示するオブジェクト タイプを選択します。

  • ブロック (既定)

  • システム

  • Stateflow

選択したオブジェクト タイプは、[プロパティ列] ペインで使用可能なオプションに影響を与えます。

テーブルのタイトル

生成されるレポートでのテーブルのタイトルを指定します。

  • 自動: タイトルをパラメーターから自動的に生成します。

  • カスタム: カスタムのタイトルを指定します。

プロパティ列

  • リストに表示される要件の概要テーブルに含めるオブジェクト プロパティ。

    • プロパティを追加するには、以下を行います。

      1. 左側のテキスト ボックスで適切なプロパティ レベルを選択します。

      2. 右側のテキスト ボックスで、追加するプロパティを選択し、[追加] をクリックします。

    • プロパティを削除するには、プロパティ名を選択して [削除] をクリックします。

    %<SplitDialogParameters> は、オブジェクト タイプが Block である要件の概要テーブルに指定できる固有のプロパティです。このプロパティは、ブロック タイプ別にグループ化された複数の概要テーブルを生成します。各概要テーブル グループには、そのブロックのダイアログ ボックス パラメーターが含まれます。

    使用可能なプロパティのリストにあるいくつかのエントリ (Depth など) は、get_param コマンドの使用ではアクセスできない "バーチャル" プロパティです。ブロックとシステム ループ コンポーネント内でプロパティや値のフィルター処理に使用されるプロパティは、get_param によって取得されなければなりません。そのため、Depth == 2 のすべてのブロックについてレポートするように、要件の概要テーブルを構成することはできません。

  • 空の列を削除: 空の列をテーブルから削除します。

  • テーブルを転置: 生成されたレポートにおいて、概要テーブルの行を列に変更し、1 列目にプロパティ名を 、他の列に値を配置します。

オブジェクト行

  • 行ごとにアンカーを挿入: 要件の概要テーブルの各行にアンカーを挿入します。

  • 以下についてレポートを作成

    • コンテキストからの自動リスト: 現在のコンテキストにあるすべてのブロックについてレポートします。コンテキストは、このコンポーネントの親によって決まります。

    • カスタム - ブロック リストを使用: 指定されたブロックのリストについてレポートし、対応するフィールドにブロック名を入力します。各ブロックの絶対パスを指定します。

ループ オプション

このペインで、ブロックの並べ替えオプションとレポート オプションを選択します。

  • ブロックの並べ替え: このオプションを使用して、ブロックを並べ替える方法を選択します (モデルの各レベルに適用)。

    • ブロック名のアルファベット順: ブロックを名前のアルファベット順に並べ替えます。

    • システム名のアルファベット順: システムをアルファベット順に並べ替えます。各システム内のブロックは、特定の順序なしでリストされます。

    • Simulink の絶対パスのアルファベット順: ブロックを Simulink® パスのアルファベット順に並べ替えます。

    • ブロック タイプ順: ブロックをブロック タイプ別のアルファベット順に並べ替えます。

    • ブロックの深さ順: ブロックをモデルにおける深さ順に並べ替えます。

    • レイアウト順 (左から右): ブロックを、モデル レイアウト内の場所によって "行" ごとに並べ替えます。モデルの左上隅の最も離れた位置に表示されるブロックが行のアンカーとなります。その行には、アンカー ブロックの上端と下端によって定義される水平領域とオーバーラップする他のブロックがすべて含まれます。他の行にも同じアルゴリズムが使用され、モデルの左上に最も近い、レポートされていない次のブロックがアンカーとして使用されます。

    • レイアウト順 (上から下): ブロックを、モデル レイアウト内の場所によって "列" ごとに並べ替えます。モデルの左上隅の最も離れた位置に表示されるブロックが列のアンカーとなります。その列には、アンカー ブロックの左端と右端によって定義される垂直領域とオーバーラップする他のブロックがすべて含まれます。他の列にも同じアルゴリズムが使用され、モデルの左上に最も近い、レポートされていない次のブロックがアンカーとして使用されます。

    • トラバーサル順: ブロックをトラバーサル順に並べ替えます。

    • シミュレーション順: ブロックを実行順に並べ替えます。

  • Simulink プロパティ名/プロパティ値のペアを検索: 指定したプロパティ名/プロパティ値のペアをもつブロックについてレポートします。

レポートに挿入されるもの

あり。テーブル。

クラス

RptgenRMI.CSummaryTable