Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

レポート生成中における MATLAB Figure の表示の防止

この例では、レポート生成中に MATLAB® Figure が MATLAB に表示されないようにする方法を示します。複数の MATLAB Figure を含むレポートを生成する場合、作成時に Figure を表示するオーバーヘッドを回避できます。

この例では、以下の MATLAB Figure を作成し、レポートに含めます。Figure を MATLAB で作成すると、Figure が非表示になります。

長い完全修飾クラス名を使用せずに済むよう、レポート API パッケージをインポートします。

import mlreportgen.report.*

Word レポートを作成します。出力タイプを変更することで、他のレポート タイプでこの例を実行できます。

  • 単一ファイルの HTML レポートを作成するには、出力タイプを 'html-file' に変更。

  • 複数ファイルの HTML レポートを作成するには、出力タイプを 'html' に変更。

  • PDF レポートを作成するには、出力タイプを 'pdf' に変更。

rpt = Report('InvisibleFigure','docx');

レポートにタイトル ページと目次を追加します。

add(rpt,TitlePage('Title','Display Invisible Figures','Author','John Doe'));
add(rpt,TableOfContents);

章を作成し、それに Figure を追加します。MATLAB で Figure が表示されないようにするには、Figure の Visible プロパティを 'off' に設定します。

ch = Chapter('Invisible Figure 1');
x = -pi:pi/10:pi;
y = tan(sin(x)) - sin(tan(x));
f1 = figure('visible','off');
plot(x,y,'--rs','LineWidth',2,...
    'MarkerEdgeColor','k',...
    'MarkerFaceColor','g',...
    'MarkerSize',10)
add(ch,Figure(f1));
add(rpt,ch);

2 番目の章を作成し、それに非表示の Figure を追加します。

ch = Chapter('Invisible Figure 2');
f2 = figure('visible','off');
surf(peaks);
add(ch,Figure(f2));
add(rpt,ch);

レポートを閉じて表示します。

close(rpt);
rptview(rpt);

参考

| | | | |

関連するトピック