Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

package

OPC パーツ ファイルをドキュメント パッケージに追加

説明

partOut = package(docObj,opcPart) は、OPC パーツ オブジェクトで指定されたファイルをドキュメントの OPC パッケージに追加します。

すべて展開する

この例では、package メソッドを使用して特別なブラウザー処理コードを追加する方法を示します。この例では、processData.js ファイルは data.json ファイルで動作します。この例では、現在のフォルダーに data.json ファイルと processData.j ファイルがあることを前提としています。

import mlreportgen.dom.*;
myReport = Document('myDoc','html');

package(myReport,OPCPart('/data/data.json','data.json'));
package(myReport,OPCPart('/js/processData.js','processData.js'))

close(myReport);

入力引数

すべて展開する

ファイルを追加するドキュメント OPC パッケージ。mlreportgen.dom.Document オブジェクトとして指定します。

追加するファイルを指定するための OPCPart オブジェクトを定義します。

出力引数

すべて展開する

追加された OPC パーツ ファイル。mlreportgen.dom.OPCPart オブジェクトで表されます。

R2014b で導入