Main Content

mlreportgen.dom.Bold クラス

パッケージ: mlreportgen.dom

text オブジェクトの太字

説明

text オブジェクトに太字を使用するかどうかを指定します。

mlreportgen.dom.Bold クラスは handle クラスです。

作成

説明

boldObj = Bold() は、text オブジェクトに太字を使用することを指定する bold オブジェクトを作成します。

boldObj = Bold(value) は、valuetrue の場合に text オブジェクトに太字を使用することを指定する bold オブジェクトを作成します。それ以外の場合は、標準的な太さのテキストを使用するように指定する bold オブジェクトを作成します。

入力引数

すべて展開する

false (または 0) に設定すると、標準的な太さのテキストが使用されます。true (または 1) に設定すると、テキストが太字で表示されます。

データ型: logical

プロパティ

すべて展開する

このドキュメント要素の ID。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。ドキュメント要素を作成するときに、DOM によってセッション固有 ID が生成されます。独自の ID を指定できます。

このドキュメント要素のタグ。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

DOM は、このオブジェクトを作成するときに、セッション固有タグを生成します。生成されたタグの形式は CLASS:ID という形式です。ここで、CLASS はオブジェクト クラスです。ID はオブジェクトの Id プロパティの値です。独自のタグ値を指定すると、ドキュメントの生成中に問題が発生した箇所を容易に特定できるようになります。

以下の値が使用可能です。

  • 0 — 標準的な太さのテキストを使用

  • 1 — テキストを太字で表示

データ型: logical

すべて折りたたむ

import mlreportgen.dom.*;
doctype = 'html';
d = Document('test',doctype);
p = Paragraph('Bold text  ');
p.Style = {Bold};
append(d,p);

t = Text('Regular weight text');
t.Style = {Bold(false)};
append(p,t);
close(d);
rptview('test',doctype);

バージョン履歴

R2014b で導入