最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Microsoft Word コンポーネント テンプレートのカスタマイズ

カスタム Word コンポーネント テンプレート

Word コンポーネント テンプレート (タイトル ページ テンプレートなど) をカスタマイズすることで、以下が可能になります。

  • 特定の書式設定の要件を満たすようにレポートの書式設定を調整する

  • ホールを削除して、コンテンツを削除する。ホールの詳細については、コンポーネント ホールを参照してください。

  • ホールの順序を変更して、コンポーネントのレイアウトを変更する

  • タイトル ページ、目次、章のページ レイアウト (ページ サイズ、ページの方向、ページの余白、およびヘッダーとフッターのコンテンツと書式設定を含む) を変更する

コンポーネント テンプレートのホールを削除した場合、生成されるレポートには、そのホールに関するコンポーネント データが含まれません。たとえば、rgRectoTitlePage パーツ テンプレートには rgAuthor ホールが含まれます。rgAuthor ホールを削除した場合、レポートに Author プロパティの値を指定するタイトル ページ コンポーネントがあるとしても、そのテンプレートを使用して生成されるレポートには作成者が含まれません。

コンポーネントで指定されるコンテンツ プロパティに対応しないコンポーネント テンプレート内のホールは、レポート エクスプローラーによって無視されます。レポート エクスプローラーのコンポーネントの 1 つで対処されないコンテンツを生成する必要がある場合、形式コンポーネントまたはサブフォーム コンポーネントを使用してコンテンツを生成します。たとえば、サブフォーム コンポーネントをカスタム テンプレートと併用すると、タイトル ページ コンポーネントでは対処されないサインオフ ブロックのようなコンテンツを含むタイトル ページを生成できます。

Word の [開発] リボンの表示

Word テンプレートでホールを扱うには、[開発] リボンを使用します。Word リボンに [開発] タブが表示されていない場合は、リボンに追加します。

  1. Word で [ファイル][オプション] を選択します。

  2. [Word のオプション] ダイアログ ボックスで [リボンのユーザー設定] を選択します。

  3. [リボンのユーザー設定] リストで、[開発] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

    ヒント

    [開発] チェック ボックスがリストに表示されない場合は、[リボンのユーザー設定][メイン タブ] に設定します。

Word コンポーネント テンプレートのカスタマイズ

タイトル ページなどのレポート要素をカスタマイズするには、適切な既定のコンポーネント テンプレートをカスタマイズ済みのテンプレートのコピーに置き換えます。カスタム Word コンポーネント テンプレートの作成例は、Microsoft Word タイトル ページ テンプレートのカスタマイズを参照してください。

メモ

既定のテンプレートのスタイルを直接カスタマイズすることはできません。既定のテンプレートのコピーを作成し、コピーのスタイルをカスタマイズしなければなりません。テンプレートのコピーを参照してください。

  1. レポート エクスプローラーで、[ツール][ドキュメント変換テンプレートの編集] を選択します。

  2. 中央のペインにあるテンプレートのリストからカスタム テンプレートを選択します。

    メモ

    テンプレートがこのテンプレート リストに表示されない場合は、レポート エクスプローラーのテンプレート キャッシュを更新します。テンプレート キャッシュを参照してください。

  3. [プロパティ] ペインで、[テンプレートを開く] をクリックします。

  4. テンプレートの開始時に、カーソルを最初の段落に置き、[クイック パーツ] ボタンをクリックします。

  5. [挿入] タブで、[クイック パーツ] ボタンを選択します。

  6. クイック パーツ ギャラリーで、パーツ テンプレート ([rgChapter] など) を選択します。

  7. パーツ テンプレートのコピーを編集します。たとえば、ホールを削除するには、右クリックして [コンテンツ コントロールの削除] を選択します。

  8. テンプレートで、パーツ テンプレートをすべてのホールを含めて選択します

  9. クイック パーツ ギャラリーで、[選択範囲をクイック パーツ ギャラリーに保存] を選択します。

  10. [新しい文書パーツの作成] ダイアログ ボックスで、[名前] をパーツ テンプレート名 ([rgChapter] など) に設定し、[分類][mlreportgen] に設定します。[OK] をクリックします。

  11. テンプレートで、カスタマイズ済みのパーツ テンプレートを削除します。

  12. メイン テンプレートを保存します。

既定のテキスト スタイルをホールに設定

既定の設定として使用するスタイルの名前をテンプレートに指定することで、ホールに生成されたテキストを既定の書式設定できます。

  1. レポート エクスプローラーで、[ツール][ドキュメント変換テンプレートの編集] を選択します。

  2. 中央のペインにあるテンプレートのリストから、既定のテキスト スタイルを設定する対象のホールが含まれるカスタム テンプレートを選択します。

  3. テンプレート ブラウザーで、[テンプレートを開く] をクリックします。

  4. [挿入] タブで、[クイック パーツ] ボタンを選択します。

  5. クイック パーツ ギャラリーで、そのホールを含むパーツ テンプレート ([rgChapter] など) を選択します。

  6. 既定のテキスト スタイルを指定するホールのテキスト エリアを右クリックします。たとえば、rgChapter で、rgChapterTitle ホールを右クリックします。

  7. [プロパティ] を選択します。

  8. [コンテンツ コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[空のコントロールに入力された文字列の書式設定にスタイルを使用する] チェック ボックスをオンにします。

  9. [スタイル] リストからスタイルを選択して既存のスタイルを使用するか、[新しいスタイル] を選択し、既定のスタイルとして使用する新しいスタイルを作成して、[OK] をクリックします。

  10. パーツ テンプレートを選択し、[クイック パーツ] ボタンをクリックします。

  11. [選択範囲をクイック パーツ ギャラリーに保存] をクリックします。

  12. [新しい文書パーツの作成] ダイアログ ボックスで、[名前] をパーツ テンプレート名 ([rgChapter] など) に設定し、[分類][mlreportgen] に設定します。[OK] をクリックします。

  13. テンプレートを保存して閉じます。

インライン ホールとブロック ホールの区別

レポート エクスプローラーでは 2 種類のホール (インラインとブロック) をサポートしています。

  • インライン ホールは Word の段落に含めることができるコンテンツに使用する

  • ブロック ホールは段落に組み込むことができないコンテンツに使用する

Word エディターを設定して、ホールがインライン ホールであるかブロック ホールであるかを示す視覚的な手掛かりを得られます。

  1. カスタム Word テンプレートを開きます。

  2. Word リボンで、[ホーム] タブを選択します。

  3. [表示/非表示] ボタンをクリックし、Word の段落記号を表示します。

  4. Word リボンで、[開発] タブを選択します。

  5. [デザイン モード] をクリックし、Word でホールのマークアップを表示します。

  6. ホールをクリックし、そのホールがインライン ホールであるかブロック ホールであるかを確認します。

    • インライン ホール - 境界ボックスに段落マーカーが含まれません。

    • ブロック ホール - 境界ボックスに段落マーカーが含まれます。

ブロック ホールからインライン ホールへの変更の回避

ブロック ホールをインライン ホールに変更しないでください。

ブロック ホールの前に存在するインライン ホールの段落マーカーを削除すると、意図せずにブロック ホールがインライン ホールに変化する可能性があります。たとえば、rgChapterTitle インライン ホールの段落マーカーを削除すると、rgChapterContent ブロック ホールがインライン ホールに変化します。

ホールの削除

  1. レポート エクスプローラーで、[ツール][ドキュメント変換テンプレートの編集] を選択します。

  2. 中央のペインにある Word テンプレートのリストから、編集するカスタム テンプレートを選択します。

  3. テンプレート ブラウザーで、[テンプレートを開く] をクリックします。

  4. Word の段落マーカーを表示するには (まだ表示されていない場合)、Word リボンの [ホーム] タブで、[表示/非表示] ボタンをクリックします。

  5. Word リボンの [挿入] タブで、[クイック パーツ] ボタンをクリックします。

  6. カスタマイズするパーツ テンプレートを選択します。たとえば、rgChapter を選択し、章のパーツ テンプレートをカスタマイズします。

    ヒント

    パーツ テンプレートの Word マークアップを表示するには、Word リボンの [開発] タブで [デザイン モード] をクリックします。

  7. カスタマイズ中のパーツ テンプレートの名前は、後の手順で入力する必要があるので、書き留めておいてください。

  8. rgChapter パーツ テンプレートで、rgChapterTitlePrefix ホールを削除します。ホールのマークアップを選択し、Delete キーを押します。

  9. テンプレートで、パート テンプレートのすべてのコンテンツを選択します。

  10. 右クリックし、[プロパティ] を選択します。

  11. [コンテンツ コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスの [タイトル] フィールドと [タグ] フィールドに、カスタマイズしているテンプレート パーツの名前 rgChapter を入力します。[OK] をクリックします。

  12. テンプレートで、パート テンプレートのすべてのコンテンツを選択します。[挿入] タブで、[クイック パーツ] ボタンをクリックします。

  13. [選択範囲をクイック パーツ ギャラリーに保存] をクリックします。

  14. [新しい文書パーツの作成] ダイアログ ボックスで、[名前] をパーツ テンプレート名 ([rgChapter] など) に設定し、[分類][mlreportgen] に設定します。[OK] をクリックします。

  15. テンプレートで、パート テンプレートのすべてのコンテンツを選択し、[削除] ボタンをクリックします。

  16. テンプレートを保存して閉じます。

インライン ホールの追加

  1. レポート エクスプローラーで、[ツール][ドキュメント変換テンプレートの編集] を選択します。

  2. 中央のペインにある Word テンプレートのリストから、編集するカスタム テンプレートを選択します。

  3. テンプレート ブラウザーで、[テンプレートを開く] をクリックします。

  4. Word の段落記号を表示するには、[表示/非表示] ボタンをクリックします。

  5. 段落内のインライン ホールを追加する位置に Word の挿入マークを配置します。

    ヒント

    段落内のコンテンツがそのホールのみの場合、または段落の最後にホールがある場合は、空白をいくつか追加し、そのスペースの前にホールを挿入します。

  6. リッチ テキスト コントロール ボタン をクリックします。Word で挿入点にリッチ テキスト コントロールが挿入されます。

  7. ホールのマークアップを表示するには、Word リボンの [開発] タブで、[デザイン モード] をクリックします。

  8. ホールを右クリックし、[プロパティ] を選択します。

  9. ダイアログ ボックスで、[タイトル] フィールドおよび [タグ] フィールドにホールの名前を入力します。レポート エクスプローラーのホールの名前を使用します。たとえば、rgChapterTitlePrefix ホールを挿入する場合、[タイトル] および [タグ] フィールドを rgChapterTitlePrefix に設定します。

  10. テンプレートで、パート テンプレートのすべてのコンテンツを選択します。[挿入] タブで、[クイック パーツ] ボタンをクリックします。

  11. [選択範囲をクイック パーツ ギャラリーに保存] をクリックします。

  12. [新しい文書パーツの作成] ダイアログ ボックスで、[名前] をパーツ テンプレート名 ([rgChapter] など) に設定し、[分類][mlreportgen] に設定します。[OK] をクリックします。

  13. テンプレートで、パート テンプレートのすべてのコンテンツを選択し、[削除] ボタンをクリックします。

  14. テンプレートを保存して閉じます。

ブロック ホールの追加

Word ドキュメントでのブロックレベル ホールの作成は、基本的にインライン ホールの作成と同じです。主な違いは、リッチ テキスト コンテンツ コントロールを段落内に配置するのではなく、リッチ テキスト コンテンツ コントロールに (空の) 段落を含めなければならないことです。ブロックレベル ホールを作成する位置に、空の段落を作成します。ドキュメントの最後にいる場合は、2 番目の空の段落を作成します。

章の接頭辞の削除または変更

既定のテンプレートを使用するレポートには、接頭辞として という用語が章タイトルに含まれています。接頭辞を使用しない場合は、レポートを作成する前にテンプレートから削除できます。ローカライズなどのために 以外の用語を使用する場合は、接頭辞を置き換えることができます。

  1. テンプレートを開きます。

  2. Word の [挿入] リボンの [テキスト] 領域で、[クイック パーツの表示] ボタンをクリックします。

  3. 変更するパーツのインスタンスをテンプレートに挿入するには、[rgChapter] クイック パーツを選択します。

  4. インスタンスを編集します。接頭辞のホールを削除したり、固定テキストと置き換えたりできます。

    この行に適用されるスタイルが [rgChapter] のままであることを確認します。

  5. 編集したインスタンスを選択します。次に、[挿入] リボンで [クイック パーツの表示] ボタンをクリックし、[選択範囲をクイック パーツ ギャラリーに保存] を選択します。

  6. ダイアログ ボックスで、[名前]rgChapter[分類]mlreportgen に設定し、[OK] をクリックします。以前のバージョンを上書きすることを確認します。

  7. テンプレートを保存して閉じます。

関連する例

詳細