Main Content

Code

コードとして書式設定されたテキストの段落への挿入

説明

このコンポーネントは、コードとして書式設定されたテキストを段落に挿入します。コンポーネントの目的は、変数名やプロパティ名などのコードを段落内の他のテキストと区別することです。既定のスタイルである rgCode は、段落コンポーネントまたはテキスト コンポーネントで使用される既定のプロポーショナル フォントの代わりに、等幅フォントを使用します。コード コンポーネントは、HTML 出力と Word 出力で空白 (改行とスペース) も保持します。このコンポーネントを使用して、HTML レポート、Word レポート、および PDF レポートの段落にコードを挿入できます。また、これを使用して、テーブル エントリにコードを挿入したり、web (HTML) レポートなどの HTML レポートのレポート本文レベルにコードを挿入したりすることもできます。

メモ

このコンポーネントは、ダイレクト PDF (テンプレートを使用) などのテンプレートベースのレポートにのみ適用されます。[web (HTML)] などの XSL スタイル シートベースのレポートでは、テキスト コンポーネントとして機能します。

プロパティ

  • レポートに含めるコード: 段落に含めるコードを指定します。

  • スタイル名: コードの書式設定に使用されるスタイルの名前を指定します。既定のスタイル名は rgCode です。これは、レポート エクスプローラーの既定のドキュメント変換テンプレートで定義されています。既定のスタイルをオーバーライドするには、次のようにします。

    1. [スタイル名][指定] に設定します。

    2. [スタイル名] テキスト ボックスで、スタイル名を入力します。

      指定したカスタム スタイルを使用するには、このレポートで使用される HTML テンプレートまたは PDF テンプレートで span スタイルとして定義しなければなりません。Word テンプレートの場合、文字スタイルまたはリンクされた (段落/文字) スタイルとして定義しなければなりません。テンプレート スタイルの詳細は、レポート テンプレートを参照してください。

スタイル

  • 太字: テキストを太字にします。

  • イタリック: テキストをイタリックにします。

  • 下線: テキストに下線を表示します。

  • : テキストの色を指定します。

    • 色のリストから色を選択します。

    • 16 進数の RGB 値を #RRGGBB として入力します。たとえば、#0000ff は青色です。

    • %<expr> を入力します。ここで、expr は色の名前または 16 進数の RGB 値を実行する MATLAB® 式です。

メモ

これらの書式オプションは、指定するカスタム スタイルで定義された対応する書式をオーバーライドします。たとえば、[太字] を選択すると、指定のスタイルで標準的な太さのテキストが使用されていてもテキストが太字になります。

レポートへの挿入

あり。コードとして書式設定されたインライン テキスト。

たとえば、段落に "Code component text" を含むコード コンポーネントを含めると、入力したとおりに出力が表示され、すべてのスペースが保持されます。

クラス

rptgen.cfr_code