最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Microsoft Word テンプレートでのホールの追加

ホールは、レポートを生成するときにコンテンツで埋められるプレースホルダーです。MATLAB® Report Generator™ API は、テンプレートのホール内のコンテンツを生成されたコンテンツに置き換えます。API は Word のリッチ テキスト コンテンツ コントロールを使用してホールを作成します。

インライン ホールとブロック ホール

ドキュメントの本文およびテーブルでは、インライン ホールとブロック ホールがサポートされます。ドキュメントの本文にインライン ホールとブロック ホールを挿入する方法は、テーブルに対する挿入方法と異なります。

Word テンプレートを開き、[開発] リボンを表示する

Word テンプレートを開くには、.dotx ファイルを右クリックし、メニューから [開く] をクリックします (.dotx ファイルをクリックすると、その .dotx ファイルをテンプレートとして使用する新しい .doc ファイルが開きます)。

Word テンプレートにホールを追加する前に、テンプレートを開き、[開発] リボンを表示しなければなりません。

Word テンプレートでホールを扱うには、[開発] リボンを使用します。[開発] リボンが表示されない場合は追加します。

  1. Word で [ファイル][オプション] を選択します。

  2. [Word のオプション] ダイアログ ボックスで [リボンのユーザー設定] を選択します。

  3. [リボンのユーザー設定] リストで、[開発] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

    ヒント

    [開発] チェック ボックスがリストに表示されない場合は、[リボンのユーザー設定][メイン タブ] に設定します。

段落でのインライン ホールの作成

インライン ホールは、ドキュメントの本文の段落内にあるホールです。これには、段落要素に含めることができるあらゆる要素を含めることができます。

  1. [開発] リボンで、[デザイン モード] をクリックします(Word テンプレートを開き、[開発] リボンを表示するを参照してください)。このモードによって、ホールの作成後、タイトル タグ付きのホール マークを確認できます。

  2. インライン ホールを作成する段落をクリックします。

    そのホールが段落内の唯一のホールの場合または段落の最後にある場合:

    1. 段落の最後に空白をいくつか追加して、ブロック ホールではなくインライン ホールが確実に作成されるようにします。

    2. スペースの前にホールを挿入します。

    3. 余分なスペースを削除します。

  3. [リッチ テキスト コンテンツ コントロール] ボタン をクリックします。挿入点にリッチ テキスト コンテンツ コントロールが表示されます。

  4. ホールをクリックしてから [プロパティ] ボタンをクリックします。

  5. [コンテンツ コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで以下を入力します。

    • [タイトル] フィールドにホールの ID を入力します。

    • [タグ] フィールドに「Hole」と入力します。

    • ホールの既定の文字スタイルを設定します。[空のコントロールに入力された文字列の書式設定にスタイルを使用する] を選択し、ドロップダウンから [スタイル] を選択するか、[新しいスタイル] をクリックしてスタイルを作成します。

  6. [OK] をクリックします。

ドキュメントの本文でのブロック ホールの作成

ブロック ホールは、段落または他のタイプのコンテンツを含めることができるホールです。ブロック ホールはドキュメントの最上位になければなりません。

  1. [開発] リボンで、[デザイン モード] をクリックします(Word テンプレートを開き、[開発] リボンを表示するを参照してください)。

  2. ブロック ホールを作成する空の段落を作成します。段落を作成することで、インライン ホールではなくブロック ホールが確実に作成されます。ドキュメントの最後にいる場合は、2 番目の空の段落を作成します。

  3. 空の段落を選択します(段落を 2 つ作成した場合は、最初の段落を選択します)。

  4. [リッチ テキスト コンテンツ コントロール] ボタン をクリックします。リッチ テキスト コンテンツ コントロールが表示され、境界内にその段落が含まれます。

  5. 段落を 2 つ作成した場合は、2 番目の段落を削除します。

  6. ホールをクリックしてから [プロパティ] ボタンをクリックします。

  7. [コンテンツ コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで以下を入力します。

    • [タイトル] フィールドにホールの ID を入力します。

    • [タグ] フィールドに「Hole」と入力します。

    • ホールの既定のスタイルを設定します。[空のコントロールに入力された文字列の書式設定にスタイルを使用する] を選択し、ドロップダウンから [スタイル] を選択するか、[新しいスタイル] をクリックしてスタイルを作成します。

  8. [OK] をクリックします。

テーブル エントリ内でのインライン ホールの作成

インライン ホールは段落内にあるホールです。これには、段落要素に含めることができるあらゆる要素を含めることができます。段落記号は表示されませんが、Word テーブル エントリはすべて段落です。

  1. [開発] リボンで、[デザイン モード] をクリックします(Word テンプレートを開き、[開発] リボンを表示するを参照してください)。このモードによって、ホールの作成後、タイトル タグ付きのホール マークを確認できます。

  2. インライン ホールを追加するには、ホールを作成する空のテーブル エントリにスペースをいくつか追加します。ホールを追加する前にスペースを追加することで、ホールがインライン ホールになり、テーブル エントリ記号がホールの外側にあるようにします。

  3. スペースの後ろにカーソルを配置します。

  4. [リッチ テキスト コンテンツ コントロール] ボタン をクリックします。リッチ テキスト コンテンツ コントロールが挿入点に表示されます。インライン ホールの場合は、テーブル エントリ記号はホールの境界の外側にあります。

  5. 出力ドキュメントで不要なスペースが表示されないように、スペースを削除します。

  6. ホールをクリックしてから [プロパティ] ボタンをクリックします。

  7. [コンテンツ コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで以下を入力します。

    • [タイトル] フィールドにホールの ID を入力します。

    • [タグ] フィールドに「Hole」と入力します。

    • ホールの既定の文字スタイルを設定します。[空のコントロールに入力された文字列の書式設定にスタイルを使用する] を選択し、ドロップダウンから [スタイル] を選択するか、[新しいスタイル] をクリックしてスタイルを作成します。

テーブル エントリ内でのブロック ホールの作成

ブロック ホールは、段落または他のタイプのコンテンツを含めることができるホールです。ブロック ホールはテーブル エントリの最上位になければなりません。テーブル内のブロック ホールでは DocumentPart 要素はサポートされません。

  1. [開発] リボンで、[デザイン モード] をクリックします(Word テンプレートを開き、[開発] リボンを表示するを参照してください)。このモードによって、ホールの作成後、タイトル タグ付きのホール マークを確認できます。

  2. ブロック ホールを追加するには、空のテーブル エントリにカーソルを配置します。空のエントリにホールを追加することで、必ずブロック ホールがテーブル エントリの最上位レベルにあるようにします。

  3. [リッチ テキスト コンテンツ コントロール] ボタン をクリックします。リッチ テキスト コンテンツ コントロールが挿入点に表示されます。ブロック ホールの場合は、テーブル エントリ記号はホールの境界内にあります。

  4. ホールをクリックしてから [プロパティ] ボタンをクリックします。

  5. [コンテンツ コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで以下を入力します。

    • [タイトル] フィールドにホールの ID を入力します。

    • [タグ] フィールドに「Hole」と入力します。

    • ホールの既定のスタイルを設定します。[空のコントロールに入力された文字列の書式設定にスタイルを使用する] を選択し、ドロップダウンから [スタイル] を選択するか、[新しいスタイル] をクリックしてスタイルを作成します。

  6. [OK] をクリックします。

関連するトピック