Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Microsoft Word テンプレートでのホールの追加

"ホール" は、レポートを生成するときにコンテンツで埋められるテンプレート内のプレースホルダーです。ホールは、レポート内の動的コンテンツに使用します。Microsoft® Word レポートには 2 種類のホールを作成できます。

  • "インライン ホール" — テキスト、イメージ、リンクなど、段落に含めることができるコンテンツのプレースホルダー。

  • "ブロック ホール" — テーブルやリストなど、段落に含めることができないコンテンツのプレースホルダー。ブロック ホールには、インライン ホールに配置可能なコンテンツも含めることができますが、Word レポートでは、コンテンツが段落内で折り返されます。

Word テンプレートにホールを追加するには、リッチ テキスト コンテンツ コントロールを使用します。ホールを追加する前に、段落記号と書式記号を表示して、[開発] タブを表示します。

Word テンプレートを開く

次のいずれかの方法で、Word テンプレート ファイルを開きます。

  • MATLAB®[現在のフォルダー] ペインでテンプレート ファイルを右クリックし、[MATLAB の外部で開く] をクリックします。

  • MATLAB の外でテンプレート ファイルを右クリックし、[開く] をクリックします。

メモ

Word テンプレート ファイルをダブル クリックで開かないようにしてください。ファイルをダブル クリックすると、テンプレートを適用した Word ドキュメント ファイルが開きます。

書式記号の表示

Word で段落記号と書式記号を表示するには、[ホーム] タブの [段落] グループにある [表示/非表示] ボタン をクリックします。

The Home tab of the Word ribbon with an annotation that identifies the Show/Hide button

書式記号は、インライン ホールとブロック ホールを見分けるのに役立ちます。

[開発] タブの表示

Word テンプレートにホールを追加する前に、[開発] タブを表示しなければなりません。

[開発] タブが表示されていない場合は、[ファイル][オプション] をクリックし、[リボンのユーザー設定] をクリックします。[メイン タブ][開発] チェック ボックスをクリックします。

ヒント

[開発] チェック ボックスがリストに表示されない場合は、[リボンのユーザー設定][メイン タブ] に設定します。

ホールを作成するときは、[開発] タブの次のコントロールを使用します。

  • デザイン モード

  • リッチ テキスト コンテンツ コントロール

  • プロパティ

The Controls group on the Developer tab, with annotations that identify the Rich Text Content Control, Properties control, and Design Mode control

リッチ テキスト コンテンツ コントロールを使用したホールの追加

リッチ テキスト コンテンツ コントロールを使用して、Word テンプレートにホールを追加します。

書式記号が表示されていて、デザイン モードが有効な状態であれば、リッチ テキスト コンテンツ コントロールを追加する際に、自分が作成しているホールがブロック ホールかインライン ホールかを見分けることができます。ブロック ホールの場合:

  • コントロールの境界ボックスに段落記号が含まれます。

  • コントロールの開始タグおよび終了タグに、左向き三角形と右向き三角形がそれぞれ含まれます。三角形を表示するには、[表示] タブを開いて [ズーム] をクリックし、Word ドキュメントを拡大表示します。

ブロック ホールのリッチ テキスト コントロールは次のようになります。

Word Rich Text Control for a block hole in the document body with hole marks visible

インライン ホールの場合:

  • コントロールの境界ボックスに段落記号が含まれません。

  • コントロールの開始タグおよび終了タグに三角形が含まれません。

インライン ホールのリッチ テキスト コントロールは次のようになります。

Word Rich Text Control for an inline hole with holes marks visible

リッチ テキスト コンテンツ コントロールの追加手順は、インライン ホールとブロック ホールのどちらを追加するか、およびドキュメントの本文とテーブル セルのどちらにホールを追加するかで異なります。

ドキュメント本文の段落へのインライン ホールの追加

  1. [開発] タブで [デザイン モード] が有効になっていることを確認します。このモードでは、ホールを作成するときに、タイトル タグ付きでホール マークを表示できます。

  2. インライン ホールを作成する段落をクリックします。段落マークの前に空白をいくつか追加して、ブロック ホールではなくインライン ホールが確実に作成されるようにします。

  3. その空白の前をクリックします。

  4. [リッチ テキスト コンテンツ コントロール] ボタン をクリックします。挿入点にリッチ テキスト コンテンツ コントロールが表示されます。

    Word Rich Text Control for an inline hole with holes marks visible

    境界ボックスに段落マークが含まれず、開始タグと終了タグに三角形が含まれていないため、作成しているのはインライン ホールだと判断できます。

  5. ホールをクリックしてから [プロパティ] をクリックします。

  6. [コンテンツ コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで次を行います。

    • [タイトル] フィールドにホールの ID を入力します。この値を使用して、レポート生成プログラムまたはカスタム レポーター クラス内のホールを識別します。

    • [タグ] フィールドに「Hole」と入力します。

    • 必要に応じて、ホールを埋めるテキストの既定のスタイルを設定します。ホールを埋めるテキストの既定のスタイルを指定するを参照してください。

  7. [OK] をクリックします。

  8. 段落の前に追加したスペースを削除します。

ドキュメント本文へのブロック ホールの追加

  1. [開発] タブで [デザイン モード] が有効になっていることを確認します。このモードでは、ホールを作成するときに、タイトル タグ付きでホール マークを表示できます。

  2. ブロック ホールを作成する空の段落を作成します。段落を作成することで、インライン ホールではなくブロック ホールが確実に作成されます。ドキュメントの末尾にある既存の空の段落の前に、空の段落を 1 つ作成します。

  3. 追加した空の段落を選択します。

  4. [リッチ テキスト コンテンツ コントロール] ボタン をクリックします。リッチ テキスト コンテンツ コントロールが表示されます。

    Word Rich Text Control for a block hole in the document body with hole marks visible

    境界ボックスに段落マークが含まれ、開始タグと終了タグに三角形が含まれているため、作成しているのはブロック ホールだと判断できます。

  5. ホールをクリックしてから [プロパティ] をクリックします。

  6. [コンテンツ コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで次を行います。

    • [タイトル] フィールドにホールの ID を入力します。この値を使用して、レポート生成プログラムまたはカスタム レポーター クラス内のホールを識別します。

    • [タグ] フィールドに「Hole」と入力します。

    • 必要に応じて、ホールを埋めるテキストの既定のスタイルを設定します。ホールを埋めるテキストの既定のスタイルを指定するを参照してください。

  7. [OK] をクリックします。

テーブル エントリへのインライン ホールの追加

  1. [開発] タブで [デザイン モード] が有効になっていることを確認します。このモードでは、ホールを作成するときに、タイトル タグ付きでホール マークを表示できます。

  2. テーブル エントリにインライン ホールを追加するには、そのエントリの段落内にホールを追加しなければなりません。段落記号は表示されませんが、Word テーブル エントリはすべて段落です。ホールを確実に段落内に追加して、そのホールに既定のテーブル セルが含まれないようにするために、空のテーブル エントリにスペースをいくつか追加します。

  3. その空白の前をクリックします。

  4. [リッチ テキスト コンテンツ コントロール] ボタン をクリックします。挿入点にリッチ テキスト コンテンツ コントロールが表示されます。

    Word Rich Text Control for an inline hole in a table entry with holes marks visible

    ホールの境界ボックスに段落マークまたはテーブル エントリ マークが含まれず、開始タグと終了タグに三角形が含まれていないため、作成しているのはインライン ホールだと判断できます。

  5. ホールをクリックしてから [プロパティ] をクリックします。

  6. [コンテンツ コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで次を行います。

    • [タイトル] フィールドにホールの ID を入力します。この値を使用して、レポート生成プログラムまたはカスタム レポーター クラス内のホールを識別します。

    • [タグ] フィールドに「Hole」と入力します。

    • 必要に応じて、ホールを埋めるテキストの既定のスタイルを設定します。ホールを埋めるテキストの既定のスタイルを指定するを参照してください。

  7. [OK] をクリックします。

  8. 追加したスペースを削除します。

テーブル エントリへのブロック ホールの追加

  1. [開発] タブで [デザイン モード] が有効になっていることを確認します。このモードでは、ホールを作成するときに、タイトル タグ付きでホール マークを表示できます。

  2. 段落を含み、既定のテーブル セルを含まないホールを確実に作成するには、空の段落をテーブル エントリに追加します。

  3. 追加した空の段落を選択します。

  4. [リッチ テキスト コンテンツ コントロール] ボタン をクリックします。挿入点にリッチ テキスト コンテンツ コントロールが表示されます。

    Word Rich Text Control for a block hole in a table entry with hole marks visible

    ホールの境界ボックスに段落マークが含まれ、開始タグと終了タグに三角形が含まれているため、作成しているのはブロック ホールだと判断できます。境界ボックスにテーブル エントリ マークが含まれていないため、このホールに既定のセルが含まれていないことがわかります。

  5. ホールをクリックしてから [プロパティ] をクリックします。

  6. [コンテンツ コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで次を行います。

    • [タイトル] フィールドにホールの ID を入力します。この値を使用して、レポート生成プログラムまたはカスタム レポーター クラス内のホールを識別します。

    • [タグ] フィールドに「Hole」と入力します。

    • 必要に応じて、ホールを埋めるテキストの既定のスタイルを設定します。ホールを埋めるテキストの既定のスタイルを指定するを参照してください。

  7. [OK] をクリックします。

メモ

テーブル内のブロック ホールでは DocumentPart 要素はサポートされません。

ホールを埋めるテキストの既定のスタイルを指定する

ホールを埋めるテキストの既定のスタイルを指定できます。レポート生成プログラムで指定したテキストの書式設定は、既定のスタイルをオーバーライドします。レポートの書式設定方法を参照してください。既定のテキスト スタイルは、インライン ホールを埋めるテキストと、ブロック ホールを埋めるテキストまたは段落に適用されます。ブロック ホールを埋めることができる他のレポート要素 (テーブルなど) に含まれるテキストには適用されません。

ホールを埋めるテキストの既定のスタイルを指定するには、[コンテンツ コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで次を行います。

  1. [空のコントロールに入力された文字列の書式設定にスタイルを使用する] チェック ボックスをオンにします。

  2. [スタイル] リストからスタイルを選択するか、[新しいスタイル] をクリックしてスタイルを作成します。

    段落内のテキストについて、スタイルが段落に適用されることを確認します。スタイルを作成する場合は、[書式から新しいスタイルを作成] ダイアログ ボックスで、[種類][リンク (段落と文字)] を選択します。

関連するトピック