Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

パワー スペクトル

パワー スペクトルはシステム内の周波数成分と共振を特徴付けます。通常、劣化はスペクトルのシグネチャに変化を生じさせるため、スペクトルの動作は特徴の生成のための情報の豊富なソースを提供します。

ノンパラメトリックおよびパラメトリックなアルゴリズムから選択します。ノンパラメトリックのオプションは [ウェルチ法] です。パラメトリックのオプションは [自己回帰モデル][状態空間モデル] です。パラメトリックな方法の場合、診断特徴デザイナーはパラメトリックなモデルを信号に適合します。その後、ソフトウェアはこのモデルを使用してスペクトルの密度を計算します。

アルゴリズムを選択すると、処理パラメーターが含まれるアルゴリズム固有の新しいタブが開きます。

アルゴリズム

  • ウェルチ法 — アプリはウェルチ法を使用してソース信号からパワー スペクトルを計算します。ウィンドウ パラメーターの設定の詳細については、pwelch を参照してください。

  • 自己回帰モデル — アプリは AR モデルを信号に適合し、このモデルを使用してスペクトル密度を計算します。モデル次数の設定、方法、およびウィンドウ処理法の詳細については、ar を参照してください。

  • 状態空間モデル — アプリは状態空間モデルを信号に適合し、このモデルを使用してスペクトル密度を計算します。

    • モデル次数 — モデル次数を直接指定するか、または次数の自動選択のための次数の範囲を指定します。次数の自動選択を使用すると、ソフトウェアは、データへの良好な適合につながる最小の次数を自動的に選択します。

    • 非線形最小二乗探索を使用して結果を改善する — このオプションを選択すると、特定のシナリオにおいて推測結果が向上しますが、追加の計算時間がかかります。詳細については、ssestOptions'SearchMethod' を参照してください。

    • 最大反復回数 — 反復の回数を増加させて結果の精度を向上させます。この数値を減少させると計算速度が向上します。

    状態空間モデル化の詳細については、ssest を参照してください。

ソース信号と周波数の設定

  • 信号 — パワー スペクトルのソース信号。データ処理のオプションを選択する前に、データ ブラウザーからソース信号を選択します。別のソース信号に変更するには、アルゴリズムのタブを閉じ、[データ処理] タブまたは [データ ブラウザー] パネルのいずれかで新しい信号を選択します。

  • 周波数 — 周波数軸の周波数設定。これらの値を手動で設定するには、[自動で選択] をクリアして周波数ベクトルの生成のためのパラメーターを更新します。

その他の情報

ソフトウェアは計算の結果を新しい変数に格納します。この新しい変数名には接尾辞 ps をもつソース信号名が含まれています。