最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

分割ソルバーを使用している場合に使用可能なモデル統計

モデルで分割ローカル ソルバーを使用している場合、統計ビューアーには、このソルバー タイプに固有の追加統計が含まれます。

  • 分割数 — この統計は、モデル内の分割の合計数を表します。このノードを展開すると、以下に挙げる追加の統計を表示できます。

  • 合計メモリ推定 — この統計は、網羅的な分割ストレージ方法を使用している場合の、このモデルに対するメモリ使用量の推定を KB 単位で表します。

  • 追加のノードは [Partition1][Partition2] などのように、モデル内の分割の総数までの番号を使って命名されます。これらの各ノードの [値] 列には、この分割に適用される積分手法がリストされます。取り得る手法は、前進オイラー (陽的) と後退オイラー (陰的) です。各分割ノードには、以下も表示されます。

    • 方程式のタイプ — この統計の [値] 列には、パーティション内の方程式のタイプがリストされます。取り得るタイプは、線形時不変、切り替えられた線形、および線形時変です。

    • 変数の数 — この統計は、パーティション内のスカラー変数の数を表します。このノードを選択すると、統計ビューアーの [ソース] セクションには、この統計に該当するすべての変数がリストされます。各変数の [ソース] 列には、最上位モデルから変数までの絶対パスと、関連ブロックへのリンクがあります。[ソース] 列のリンクをクリックすると、対応するブロックがブロック線図内で強調表示されます。[値] 列には、ブロック ダイアログ ボックスの [変数] タブに表示される変数名があります。

    • 方程式の数 — この統計は、パーティション内のスカラー方程式の数を表します。利用可能な場合は、方程式のソースが提供されます。このノードを選択すると、統計ビューアーの [ソース] セクションには、方程式を提供するすべてのブロックがリストされます。ブロックのソース コードが利用可能な場合 (つまり、保護されていない場合)、[ソース] 列のリンクをクリックすると、このブロックの Simscape™ ソース ファイルが MATLAB® エディターで開き、適切な方程式が示されます。

    • モードの数[方程式のタイプ] が線形時不変またはと切り替えられた線形の場合、この統計はパーティション内のモード数を表します。Simscape ソース コード内の各 if ステートメントと elseif ステートメントは、1 つのモードに対応します。一般に、陰的な積分手法がパーティションに適用される場合、モードの数が多いほど、そのパーティションの方程式を解くために必要な繰り返しが多くなる可能性があります。

    • 構成の数 — この統計は、このパーティションをシミュレートするときに解く必要のある、異なった線形方程式系の合計数を表します。線形時不変や切り替えられた線形のケースでは、これは 2 の n 乗となります。ここで、n はパーティション内のモードの数です。計算を加速するために、モードのセットごとにいくつかのシステムの分解がキャッシュされます (分解のキャッシュ方法は、Solver Configuration ブロックの [分割ストレージ法] パラメーターによって定義されます)。この数が、サポート可能な最大の符号なし整数値を超える場合は、この統計の [値] 列に Overflow が表示されます。

    • メモリ推定 — この統計は、網羅的な分割ストレージ方法を使用している場合の、この分割に対するメモリ使用量の推定を KB 単位で表します。

網羅的な分割ストレージでのメモリ割り当ての推定

この例では、統計ビューアーを使用して、分割ソルバーを使用するモデルのシミュレーションに必要なメモリ割り当てを推定する方法を説明します。

  1. 永久磁石 DC モーターのモデル例を開きます。

  2. Solver Configuration ブロックをダブルクリックし、[ローカル ソルバーを使用] チェック ボックスをオンにして [ソルバー タイプ][分割] に設定します。

  3. モデル統計を表示するには、モデル ウィンドウの [アプリ] タブの [物理モデリング] で、[Simscape 統計ビューアー] をクリックします。必要に応じて、ビューアー ウィンドウのツール バーにある [更新] ボタンをクリックして、ビューアーにデータを取り込みます。

  4. [分割数] ノードを展開します。

    [合計メモリ推定] の統計は、このモデルの推定メモリ使用量が 3 kB であることを示します。網羅的な分割ストレージ方法を使用する場合、分割ストレージの既定のメモリ割り当ては 1024 kB です。したがって、既定のメモリ割り当て値はこのモデルのシミュレーションに十分であり、必要に応じて減らすこともできます。

    メモリ推定が予想外に大きい場合、個々の分割ノードをそれぞれ展開し、その分割の [メモリ推定] 値をチェックすることで、さらに調査することができます。

参考

関連するトピック