最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

1 次元物理システム統計

このノードは、Specialized Power Systems のブロックを例外として、Simscape™、Simscape Driveline™Simscape Fluids™、および Simscape Electrical™ ライブラリのブロックに関連付けられているすべての物理ネットワークから生成された集約統計を表します。

各統計はこれらのブロックのトポロジ的に区別可能な各物理ネットワークから別々に生成された後に集約されて、単一統計として表示されます。

表示される統計は以下のとおりです。

  • 変数の数 — この統計は、モデル内のすべての 1 次元物理システムに関連付けられている変数の数を示します。変数は、さらに連続変数、除外された変数、離散変数に分類されます。

  • 連続変数の数 (保持) — この統計は、モデル内のすべての 1 次元物理システムに関連付けられている連続変数の数を示します。連続変数は値が時間とともに連続的に変化する変数です。ただし、一部の連続変数ではイベントの後に値が非連続的に変化することもあります。連続変数は、さらに代数変数と微分変数に分類されます。

    この統計は、変数を除外した後のシステム内の連続変数の数を示します。ダイナミクスのない真に入出力のみのシステムである場合は、すべての変数を完全に除外できる可能性があり、その場合、変数の数はゼロになります。

    • 微分変数の数 — この統計は、モデル内のすべての 1 次元物理システムに関連付けられている微分変数の数を示します。微分変数は、対応する時間微分が 1 つまたは複数のシステム方程式にある連続システム変数です。これらの変数はシステムにダイナミクスを追加し、値の計算に数値積分を使用するためにソルバーを必要とします。

      この統計は、変数を除外した後のモデル内の微分変数の数を示します。

    • 代数変数の数 — この統計は、モデル内のすべての 1 次元物理システムに関連付けられている代数変数の数を示します。代数変数は、対応する時間微分がシステム方程式にない連続システム変数です。これらの変数は代数方程式に使用されますが、ダイナミクスは追加しません。これは多くの場合、質量やエネルギーの保存などの保存法則により物理システムで起こるためです。

      この統計は、変数を除外した後のモデル内の代数変数の数を示します。

  • 連続変数の数 (除外) — この統計は、モデル内のすべての 1 次元物理システムに関連付けられている変数のうち、除外された変数の個数を示します。除外された変数はソフトウェアにより除外される連続変数であり、システムの求解には使用されません。除外された変数は、さらに代数変数と微分変数に分類されます。

    • 微分変数の数 — この統計は、モデル内のすべての 1 次元物理システムに関連付けられている微分変数のうち、除外された変数の個数を示します。微分変数は、対応する時間微分が 1 つ以上のシステム方程式にある連続変数です。これらの変数はシステムにダイナミクスを追加し、値の計算に数値積分を使用するためにソルバーを必要とします。

      この統計は、モデル内で除外された微分変数の個数を示します。

    • 代数変数の数 — この統計は、モデル内のすべての 1 次元物理システムに関連付けられている代数変数のうち、除外された変数の個数を示します。代数変数は、対応する時間微分がシステム方程式にない連続システム変数です。これらの変数は代数方程式に使用されますが、ダイナミクスは追加しません。これは多くの場合、質量やエネルギーの保存などの保存法則により物理システムで起こるためです。

      この統計は、モデル内で除外された代数変数の個数を示します。

  • 離散変数の数 — この統計は、モデル内のすべての 1 次元物理システムに関連付けられている離散変数 (イベント変数) の数を示します。離散変数は特定のイベントのみで値が変化する変数です。さらに離散変数は、整数値離散変数と実数値離散変数に分類されます。

    • Number of integer-valued variables — この統計は、モデル内のすべての 1 次元物理システムに関連付けられている整数値離散変数の数を示します。整数値離散変数は整数値のみをとるシステム変数で、サンプル時間ヒットなどの特定のイベントでのみ値が変化します。通常これらの変数は、サンプリングされ、指定されたサンプル時間で実行されるブロックから生成されます。

    • Number of real-valued variables — この統計は、モデル内のすべての 1 次元物理システムに関連付けられている実数値離散変数の数を示します。実数値離散変数は実数値のみをとるシステム変数で、特定のイベントでのみ値が変化します。

      Solver Configuration ブロックでローカル ソルバーを選択した場合、このシステムに関連付けられているすべての連続変数は離散化され、実数値離散変数として表されます。

  • Number of zero-crossing signals — この統計は、Simulink® のゼロクロッシング検出アルゴリズムによって監視されているスカラー信号の数を示します。ゼロクロッシング信号は状態、入力および時間のスカラー関数で、ゼロクロッシングによってシステム内の不連続性を示します。通常これらの信号は、不連続点を含む演算子や関数から生成されます。たとえば、比較演算子、関数 abs、関数 sqrt などです。信号でゼロクロッシングが発生した時点は、ゼロクロッシング イベントとしてレポートされます。シミュレーション中には、これらの信号でゼロクロッシング イベントが生成されないこともあれば、1 つまたは複数の信号によって複数のゼロクロッシング イベントが生成されることもあります。

  • 動的変数の拘束の数 — この統計は、動的変数と動的入力にのみ関与する拘束数を示します。そのような拘束の結果として、DAE (微分代数方程式) が高次になり、このために数値的な問題が発生したり、シミュレーションが低速になったりすることがあります。

非ゼロ値の統計を選択した場合、[ソース] セクションにはこの統計に該当するすべての変数がリストされます。各変数について、次の項目が表示されます。

  • [ソース] 列には、最上位モデルから変数までの絶対パスと、関連ブロックへのリンクがあります。[ソース] 列のリンクをクリックすると、対応するブロックがブロック線図内で強調表示されます。

  • [値] 列には、ブロック ダイアログ ボックスの [変数] タブに表示される変数名があります。

モデルで分割ローカル ソルバーを使用している場合、統計ビューアーには、このソルバー タイプに固有の追加統計が含まれます。詳細については、分割ソルバーを使用している場合に使用可能なモデル統計を参照してください。

関連する例

詳細