最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

labReceive

別のワーカーからのデータを受信する

構文

data = labReceive
data = labReceive(srcWkrIdx)
data = labReceive('any',tag)
data = labReceive(srcWkrIdx,tag)
[data,srcWkrIdx,tag] = labReceive

引数

srcWkrIdx

受信するデータがある特定ワーカーの labindex

tag

送信側ワーカーの関数 labSend で特定データを識別するために定義されるタグ

'any'

任意のワーカーからデータを受信できることを示す文字ベクトル

data

送信側ワーカーの関数 labSend で送信されるデータ

説明

data = labReceive は任意のタグをもつ任意のワーカーからのデータを受信します。

data = labReceive(srcWkrIdx) は任意のタグをもつ指定されたワーカーからのデータを受信します。

data = labReceive('any',tag) は指定されたタグをもつ任意のワーカーからのデータを受信します。

data = labReceive(srcWkrIdx,tag) は指定されたタグをもつ指定されたワーカーからのデータのみを受信します。

[data,srcWkrIdx,tag] = labReceive はデータと共にソース ワーカーの labindex とタグを返します。

ヒント

この関数は、対応する labSend の呼び出しが送信側ワーカーで行われるまで、ワーカーでの実行をブロックします。

R2006a より前に導入