ドキュメンテーション

コマンドの入力

MATLAB® Mobile™ は、MathWorks® Cloud で実行されている MATLAB に、すべてのコマンドを評価の目的で送信します。

メモ

デバイスではいかなる計算も実行されず、ローカルにはワークスペース変数も保存されません。

デバイス上のキーボードとフォント サイズ

MATLAB Mobile アプリケーションのキーボードには、よく使用する特殊文字の 1 行が追加されています。

記号のボタンをタップしたまま押さえると、追加文字が表示されます。たとえば、次の iPod touch デバイスで示すように、小かっこのボタンから配列作成用の大かっこにアクセスできます。

同様に、次の iPad デバイスで示すように、セミコロンのキーから他の記号にアクセスできます。

キーボードの上下矢印を使用すると、最近使用したコマンドをスクロールできます。あるいは、[履歴] をタップしてコマンド履歴にアクセスします。

コマンド ウィンドウのフォント サイズを調整するには、[詳細][設定] (iPhone および iPod デバイス) または (iPad デバイス) をタップします。次に、[フォント サイズ] スライダーを動かします。

ファイル アクセス

リモート セッションで使用可能な変数のリストを表示するには、whos コマンドを使用します。

制限

MATLAB Mobile は以下をサポートしません。

  • 曲線近似や信号解析などの MATLAB アプリ

  • App Designer または GUIDE を使用したグラフィカル インターフェイスの作成

  • Simulink® のグラフィカル環境。ただし、sim コマンドは MATLAB Mobile コマンド ラインでサポートされます。

  • 3 次元 figure の操作

  • doc コマンド。関数のドキュメンテーションを表示するには、help コマンドを使用します。または、デバイスで既定の Web ブラウザーを開き、https://www.mathworks.com/help にある製品のドキュメンテーションに移動します。