Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

neighbors

三角形または四面体の近傍

説明

N = neighbors(TR) は、TR のすべての三角形または四面体の近傍の ID を返します。N は 3 列 (2 次元) または 4 列 (3 次元) の行列で、各行には三角形分割の要素に対する近傍の三角形または四面体の ID が格納されています。

N = neighbors(TR,ID) は、ID で指定した三角形または四面体の近傍を返します。

慣例では、N の要素 (i,j) は、ID の i 番目の要素の j 番目の頂点の反対の近傍です。

すべて折りたたむ

3 次元三角形分割の近傍四面体を求めます。

3 次元三角形分割を作成します。

load tetmesh
TR = triangulation(tet,X);

三角形分割の要素ごとに近傍四面体の ID を計算します。

N = neighbors(TR);

5 番目の四面体の近傍の ID を表示します。

N(5,:)
ans = 1×4

        2360        1539           2        1851

最初の近傍の頂点 ID を調べます。

TR.ConnectivityList(N(1),:)
ans = 1×4

        1093         891         893         858

2 次元 Delaunay 三角形分割の近傍三角形を求めます。

2 次元 Delaunay 三角形分割を作成します。

rng('default')
x = rand([10,1]);
y = rand([10,1]);
TR = delaunayTriangulation(x,y);

最初の三角形の近傍を求めます。NaN は三角形が三角形分割の境界上にあり、近傍が 2 つしかないことを示しています。

N = neighbors(TR,1)
N = 1×3

   NaN     4     3

3 番目の近傍の頂点 ID を調べます。

TR.ConnectivityList(N(3),:)
ans = 1×3

     5     2     8

入力引数

すべて折りたたむ

三角形分割の表現。スカラー triangulation オブジェクトまたは delaunayTriangulation オブジェクトとして指定します。

データ型: triangulation | delaunayTriangulation

三角形または四面体の ID。要素が三角形分割オブジェクトの個々の三角形または四面体に対応しているスカラーまたは列ベクトルとして指定します。各三角形または四面体の ID は、ConnectivityList プロパティの対応する行番号です。

三角形または四面体に 1 つ以上の境界の小平面がある場合、存在しない近傍は NNaN 値として表されます。

データ型: double

R2013a で導入