ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

toolboxdir

指定したツールボックスのルート フォルダー

説明

s = toolboxdir(toolboxName) は、指定したツールボックスのルート フォルダーの絶対パスを含む文字ベクトルを返します。

MATLAB® Compiler™ を使用してコードを記述する場合、関数 toolboxdir を使用することが重要です。ツールボックスは、MATLAB から実行しているか、MATLAB Compiler と一緒に配布されたアプリケーションから実行しているかによって、異なるパスをもちます。toolboxdir によって正しいパスが確実に使用されるようにします。

すべて折りたたむ

MATLAB R2017b が Control System Toolbox™ と一緒にインストールされていると仮定します。Control System Toolbox のパスを取得します。

s = toolboxdir('control')
s  = C:\Program Files\MATLAB\R2017b\toolbox\control

入力引数

すべて折りたたむ

ツールボックス名。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

データ型: char | string

ヒント

  • 特定のツールボックスに使用するツールボックス名を特定するには、toolbxfcn に製品内の関数名を代入して、次のコードを実行します。

    n = 'toolbxfcn';
    pat = '(?<=[\\/]toolbox[\\/])[^\\/]+';
    regexp(which(n), pat, 'match', 'once')
    

    たとえば、Control System Toolbox のツールボックス名を特定するには、n を、Control System Toolbox に一意の関数の名前 (たとえば dss) に設定します。

    n = 'dss'
    pat = '(?<=[\\/]toolbox[\\/])[^\\/]+'
    regexp(which(n), pat, 'match', 'once')
    
    control

R2006a で導入