Main Content

openExample

    説明

    openExample(examplename) は、指定された例を現在実行中のリリースの Examples フォルダーにあるサブフォルダーにコピーしてから開きます。例のコピーが存在する場合、openExample は既存のバージョンの例を開きます。

    openExample(sfile) は、指定されたサポート ファイルとそれがサポートする例をコピーし、そのサポート ファイルを開きます。指定したサポート ファイルの名前が複数の例に含まれている場合、そのうちのいずれかの例が openExample で選択されてコピーされます。指定するサポート ファイルは、.m.mlx、または .slx の拡張子をもつ実行可能ファイルでなければなりません。

    openExample(___,Name,Value) は、前述の構文の入力引数に加え、1 つ以上の名前と値の引数を使用してオプションを指定します。たとえば、例をフォルダー C:\Work\myfiles にコピーするには、workDir 引数を "C:\Work\myfiles" に設定します。

    すべて折りたたむ

    MATLAB® グラフィックスのドキュメンテーションの一部である「2 次元ライン プロットの作成」の例を開きます。

    openExample("graphics/Create2DLinePlotsExample")

    parabola.m サポート ファイルを開きます。parabola.m が複数の例に含まれている場合、そのうちのいずれかの例が openExample で選択されてコピーされます。

    openExample("parabola.m")

    MATLAB の「string 配列を使用したテキスト データの解析」の例をフォルダー C:\Work\myfiles にコピーし、その例の sonnets.txt サポート ファイルを開きます。

    開くサポート ファイルが複数の例に含まれている場合や sfile 入力引数でサポートされていない拡張子をもつ場合、sfile 入力引数の代わりに名前と値の引数 supportingFile を使用します。

    openExample("matlab/AnalyzeTextDataExample","supportingFile","sonnets.txt", ...
    "workDir","C:\Work\myfiles")

    入力引数

    すべて折りたたむ

    開く例の名前。string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。

    例: openExample("graphics/Create2DLinePlotsExample")

    例: openExample("matlab/PlotCurveAppExample")

    開くサポート ファイルの名前。string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。sfile は、.m.mlx、または .slx の拡張子をもつ実行可能ファイルでなければなりません。

    例: openExample("parabola.m")

    名前と値の引数

    引数のオプションのペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで Name は引数名で、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後になければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

    例: openExample("graphics/Create2DLinePlotsExample",workDir="C:\Work\myfiles")

    R2021a より前では、コンマを使用してそれぞれの名前と値を区切り、Name を引用符で囲みます。

    例: openExample("graphics/Create2DLinePlotsExample","workDir","C:\Work\myfiles")

    例のコピー先のフォルダー。string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。

    例: openExample("graphics/Create2DLinePlotsExample",workDir="C:\Work\myfiles")

    開くサポート ファイル。string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。指定した場合、openExample は例のファイルではなくサポート ファイルを開きます。supportingFile は、MathWorks® の例に含まれる任意のサポート ファイルにすることができます。

    開くサポート ファイルが複数の例に含まれている場合や sfile 入力引数でサポートされていない拡張子をもつ場合、sfile 入力引数の代わりに名前と値の引数 supportingFile を使用します。

    例: openExample("matlab/AnalyzeTextDataExample",supportingFile="sonnets.txt")

    バージョン履歴

    R2016a で導入

    参考

    | |