最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB コード例

スタンドアロンの例

スタンドアロンの例は、特定タスクの実現方法を示す MATLAB® スクリプトまたはライブ スクリプトの読み取り可能なバージョンです。MATLAB およびすべての MATLAB ツールボックスには、インストール済みドキュメンテーションの一部として例が含まれています (R2012b より前のリリースでは、これらの例は "デモ" と呼ばれていました)。

例にアクセスするには、ドキュメンテーション ページ上部にある [例] をクリックしてください。ヘルプ ブラウザーに、現在の製品カテゴリの例が表示されます。

MATLAB には、各種の機能を説明する例が含まれています。たとえば、MATLAB のプロット機能を説明する例を表示するには、[MATLAB][グラフィックス][2 次元および 3 次元プロット] カテゴリに移動し、ページ上部にある [例] をクリックします。

それぞれの例では、コメント、コード、出力が、書式化されたドキュメントに組み込まれています。ドキュメンテーションを MATLAB で表示している場合、[Open Script] または [Open Live Script] をクリックすると、対応するスクリプトまたはライブ スクリプトを開くことができます。

ドキュメンテーションを Web で表示している場合、Web ブラウザーのライブ エディターを使用してライブ スクリプトの例を開くことができます。例を開くには、例の右側にある [Try this Example] ボタンをクリックし、[Try it in your browser] を選択します。

例が開いたら、[実行] をクリックして例を実行します。例を一度に 1 セクションずつ実行して、その結果を逐次表示するには、最初のセクションを選択して、[実行して次に進む] をクリックしてスクリプトをステップ実行します。

MATLAB コミュニティのメンバーが作成した追加例が、File Exchange で利用できます。

インライン例

製品ドキュメンテーションには、cos または plot のような関数ページの例など、インライン コードの抜粋も含まれています。下図に示すように、コードを選択し、右クリックして、[選択を実行] を選ぶと、ヘルプ ブラウザーからインライン コードを実行できます ヘルプ ブラウザーから選択項目を評価する機能は、MATLAB Online™ では利用できません。

参考

|

関連するトピック

外部の Web サイト