ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mink

配列の k 個の最小要素を検出

説明

B = mink(A,k) は、Ak 個の最小要素を返します。

  • A がベクトルの場合、minkAk 個の最小要素を含むベクトルを返します。

  • A が行列の場合、minkA の各列の k 個の最小要素が列に含まれる行列を返します。

  • A が多次元配列の場合、mink は、サイズが 1 に等しくない最初の次元に沿って k 個の最小要素を返します。

B = mink(A,k,dim) は次元 dim に沿って Ak 個の最小要素を判別します。

B = mink(___,'ComparisonMethod',c) はオプションで、前述の構文のいずれについても、A の要素を比較する方法を指定します。たとえば、mink(A,k,'ComparisonMethod','abs')A の要素の絶対値に従って k 個の最小要素を返します。

[B,I] = mink(___)Ak 個の最小値のインデックスを検出し、I に返します。

すべて折りたたむ

ベクトルの 3 個の最小要素を計算します。

A = 1:10;
B = mink(A,3)
B = 1×3

     1     2     3

行列の各行の 3 個の最小要素を計算します。

A = magic(5)
A = 5×5

    17    24     1     8    15
    23     5     7    14    16
     4     6    13    20    22
    10    12    19    21     3
    11    18    25     2     9

B = mink(A,3,2)
B = 5×3

     1     8    15
     5     7    14
     4     6    13
     3    10    12
     2     9    11

複素数ベクトルの要素の大きさに従って、2 個の最小要素を計算し、入力ベクトル内で各要素が配置されているインデックスを返します。

A = [2-2i 5+i -7-3i -1+i]
A = 1×4 complex

   2.0000 - 2.0000i   5.0000 + 1.0000i  -7.0000 - 3.0000i  -1.0000 + 1.0000i

[B,I] = mink(A,2,'ComparisonMethod','abs')
B = 1×2 complex

  -1.0000 + 1.0000i   2.0000 - 2.0000i

I = 1×2

     4     1

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。ベクトル、行列または多次元配列として指定します。

  • A がベクトルの場合、minkAk 個の最小要素を含むベクトルを返します。

  • A が行列の場合、minkA の各列の k 個の最小要素が列に含まれる行列を返します。

  • A が多次元配列の場合、mink は、サイズが 1 に等しくない最初の次元に沿って k 個の最小要素を返します。

Acategorical 型の場合、順序配列でなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | categorical | datetime | duration
複素数のサポート: あり

返す最小値の数。正の整数スカラーとして指定します。k が操作次元の要素数以上である場合、mink はその次元に沿って入力配列を並べ替えます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

操作次元。正の整数スカラーとして指定します。既定では、mink はサイズが 1 に等しくない最初の次元に沿って動作します。

たとえば、A が行列の場合、mink(A,k,1)A の行に沿って動作し、各列の最小値を計算します。

mink(A,k,2)A の列に沿って動作し、各行の最小値を計算します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

比較方法。次のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — 入力 A の要素を、A が実数の場合は real(A)A が複素数の場合は abs(A) により比較します。

  • 'real' — 入力 A の要素を、A が実数でも複素数でも、real(A) により比較します。A の要素の実数部が等しい場合、imag(A) を使用して同順位のものを並べ替えます。

  • 'abs' — 入力 A の要素を、A が実数でも複素数でも、abs(A) により比較します。A の要素の大きさが等しい場合、区間 (-π,π] で angle(A) を使用して同順位のものを並べ替えます。

出力引数

すべて折りたたむ

出力配列。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として返されます。mink は小さい方から順に k 個の要素を返します。

インデックス配列。ベクトル、行列または多次元配列として返されます。I のサイズは B と同じです。出力配列 B に繰り返されている要素がある場合、I におけるこれらの要素のインデックスの順序は、入力配列での順序と一致します。

拡張機能

参考

| |

R2017b で導入