Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

maxNumCompThreads

計算スレッドの最大数を制限する

構文

N = maxNumCompThreads
LASTN = maxNumCompThreads(N)
LASTN = maxNumCompThreads('automatic')

説明

N = maxNumCompThreads は、現在の計算スレッドの最大数 N を返します。

LASTN = maxNumCompThreads(N) は、計算スレッドの最大数を N に設定します。そして、前回の最大計算スレッド数 LASTN を返します。

LASTN = maxNumCompThreads('automatic') は、計算スレッドの最大数を MATLAB® が最適と判断した値に設定します。さらに、前回の最大計算スレッド数 LASTN を返します。

現在、計算スレッドの最大数は、使用しているマシン上の物理コア数と同じです。

メモ

関数 maxNumCompThreads を使用して最大計算スレッド数を設定しても、次回の MATLAB セッションは伝播しません。

MATLAB 起動時に -singleCompThread オプションを設定して、MATLAB の計算スレッド数を 1 に制限することができます。既定の設定では、MATLAB は実行先コンピューターのマルチスレッド機能を利用します。

複数のプロセッサ グループを使用する Windows® プラットフォームでは、計算スレッドの既定の最大数は、MATLAB を実行するプロセッサ グループ内の物理コアの数と等しくなります。

R2007b で導入