Main Content

matlab.unittest.diagnostics パッケージ

MATLAB 診断のインターフェイスのクラスの概要

説明

診断を使用して、エラーの発生時の関連情報をやりとりします。診断メッセージをテスト ケースに追加するには、いずれかの matlab.unittest.qualifications メソッドで diagnostic 引数を使用します。このフレームワークでは、検定エラーの特性に関する診断メッセージも表示します。matlab.unittest.diagnostics パッケージは、次のクラスで構成されます。

クラス

matlab.unittest.diagnostics.ConstraintDiagnosticほとんどの制約に共通するフィールドをもつ診断
matlab.unittest.diagnostics.Diagnosticmatlab.unittest 診断の基本的なインターフェイス クラス
matlab.unittest.diagnostics.DiagnosticResultDiagnostic インスタンスの診断結果
matlab.unittest.diagnostics.DisplayDiagnostic値の表示出力を使用する診断
matlab.unittest.diagnostics.FigureDiagnostic指定した Figure を保存する診断
matlab.unittest.diagnostics.FileArtifactディスク上のファイルに関連付けられたアーティファクト
matlab.unittest.diagnostics.FrameworkDiagnostic テスト フレームワークによって提供される診断
matlab.unittest.diagnostics.FunctionHandleDiagnostic関数の表示出力を使用する診断
matlab.unittest.diagnostics.LoggedDiagnosticEventDataDiagnosticLogged イベント リスナーのイベント データ
matlab.unittest.diagnostics.ScreenshotDiagnosticスクリーンをイメージ ファイルとしてキャプチャする診断
matlab.unittest.diagnostics.StringDiagnosticstring を使用する診断

バージョン履歴

R2013a で導入