Main Content

matlab.unittest.constraints.IsSparse クラス

パッケージ: matlab.unittest.constraints
スーパークラス: matlab.unittest.constraints.BooleanConstraint

スパース配列を指定する制約

構築

IsSparse は、スパース配列を指定する制約を作成します。この制約は、実際の値がスパースである場合にのみ満たされます。

コピーのセマンティクス

値。値クラスがコピー操作に与える影響については、オブジェクトのコピーを参照してください。

すべて折りたたむ

対話型テスト用にテスト ケースを作成します。

import matlab.unittest.TestCase
import matlab.unittest.constraints.IsSparse

testCase = TestCase.forInteractiveUse;

単位行列を作成し、それがスパースであるかどうかをテストします。

F = eye(7);
testCase.verifyThat(F, IsSparse)
Interactive verification failed.

---------------------
Framework Diagnostic:
---------------------
IsSparse failed.
--> The value must be sparse.

Actual Value:
         1     0     0     0     0     0     0
         0     1     0     0     0     0     0
         0     0     1     0     0     0     0
         0     0     0     1     0     0     0
         0     0     0     0     1     0     0
         0     0     0     0     0     1     0
         0     0     0     0     0     0     1

行列 F は非スパース行列です。

F をスパース行列に変換して、スパース性を再テストします。

S = sparse(F);
testCase.verifyThat(S, IsSparse)
Interactive verification passed.

参考