Main Content

matlab.unittest.constraints.EndsWithSubstring クラス

パッケージ: matlab.unittest.constraints
スーパークラス: matlab.unittest.constraints.BooleanConstraint

部分文字列で終わる string を指定する制約

構築

EndsWithSubstring(suffix) は、部分文字列で終わる string スカラーまたは文字ベクトルを指定する制約を作成します。この制約は、実際の値が、期待されたテキスト suffix で終わる場合にのみ満たされます。

EndsWithSubstring(suffix,Name,Value) は、1 つ以上の Name,Value のペアの引数で指定された追加オプションをもつ制約を提供します。Name は一重引用符 ('') で囲まれていなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

入力引数

suffix

実際の値の最後に出現するテキスト。string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。suffix には改行文字を含めることができます。

名前と値の引数

引数のオプションのペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで Name は引数名で、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後になければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

R2021a より前では、コンマを使用してそれぞれの名前と値を区切り、Name を引用符で囲みます。

IgnoringCase

大文字小文字の区別を無視するインジケーター。false または true (logical 0 または 1) として指定します。

既定値: false

IgnoringWhitespace

空白文字を無視するインジケーター。false または true (logical 0 または 1) として指定します。IgnoringWhitespacetrue の場合、MATLAB® は実際の値と期待される値の両方からすべての空白文字を削除したうえで、制約が満たされているかどうかを判定します。

メモ

IgnoringWhitespacetrue の場合、入力引数 suffix には空白以外の文字が少なくとも 1 つ含まれていなければなりません。

既定値: false

プロパティ

IgnoreCase

制約で大文字と小文字が区別されるかどうかを示すインジケーター。名前と値のペアの引数 'IgnoringCase' で指定します。

IgnoreWhitespace

制約で空白が区別されるかどうかを示すインジケーター。名前と値のペアの引数 'IgnoringWhitespace' で指定します。

Suffix

実際の値の最後に出現するテキスト。入力引数 suffix で指定します。

コピーのセマンティクス

値。値クラスがコピー操作に与える影響については、オブジェクトのコピーを参照してください。

すべて折りたたむ

対話型テスト用にテスト ケースを作成します。

import matlab.unittest.TestCase
import matlab.unittest.constraints.EndsWithSubstring

testCase = TestCase.forInteractiveUse;

実際の値を定義します。

actVal = 'This Is One Long Message';

actVal'Message' で終わることをテストします。

testCase.verifyThat(actVal, EndsWithSubstring('Message'))
Verification passed.

actVal'AgE' で終わることをテストします。

testCase.verifyThat(actVal, EndsWithSubstring('AgE'))
Verification failed.

---------------------
Framework Diagnostic:
---------------------
EndsWithSubstring failed.
--> The value does not end with the supplied suffix.

Actual char:
    This Is One Long Message
Expected Suffix:
    AgE

既定では、制約 EndsWithSubstring は大文字と小文字を区別します。

このテストを、大文字と小文字の区別を無視してもう一度実行します。

testCase.verifyThat(actVal, EndsWithSubstring('AgE', ...
    'IgnoringCase', true))
Verification passed.

actVal'longmessage' で終わることをテストします。テストにパスするよう、空白および大文字小文字の区別を無視する制約を構成します。

testCase.verifyThat(actVal, EndsWithSubstring('longmessage', ...
    'IgnoringCase', true, 'IgnoringWhitespace', true))
Verification passed.

actVal'long' で終わらないことをアサートします。

testCase.assertThat(actVal, ~EndsWithSubstring('long'))
Assertion passed.