最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

move

出荷時の設定またはグループの移動あるいは名前の変更を記録

説明

move(source,destination) は、出荷時の設定ツリーを使用して、出荷時の設定または設定グループの移動を記録します。関数 move を使用して、出荷時の設定またはグループの名前の変更を記録することもできます。ツールボックスの各バージョンについて、出荷時の設定ツリーへの変更を記録することにより、ユーザーがツールボックスの新しいバージョンにアップグレードするときに、設定の下位互換性の問題を確実に回避できるようになります。

すべて折りたたむ

設定ファイル アップグレーダー オブジェクトを作成し、ツールボックスの 2 番目のバージョンの設定グループの移動を記録します。

mytoolbox の Version 2 に対する設定ファイル アップグレーダー オブジェクトを作成します。

upgrader = SettingsFileUpgrader('Version2');

設定グループ fontsmytoolbox 出荷時の設定グループから mytoolbox.mysettings グループへの移動を記録します。

upgrader.move('mytoolbox.fonts','mytoolbox.mysettings.fonts');

設定ファイル アップグレーダー オブジェクトを作成し、ツールボックスの 2 番目のバージョンの設定の名前の変更を記録します。

mytoolbox の Version 2 に対する設定ファイル アップグレーダー オブジェクトを作成します。

upgrader = SettingsFileUpgrader('Version2');

設定の名前 MySettingMyUpdatedSetting に変更したことと、その設定を mytoolbox グループから mytoolbox.mysettings グループに移動したことを記録します。

upgrader.move('mytoolbox.MySetting','mytoolbox.mysettings.MyUpdatedSetting');

入力引数

すべて折りたたむ

設定または設定グループのソース パス。文字ベクトルまたは string として指定します。設定またはグループのソースの絶対パスを指定します。これは、ツールボックスの出荷時の設定グループから開始し、設定またはグループの名前を含めます。

例: upgrader.move('mytoolbox.MySetting','mytoolbox.MyUpdatedSetting');

設定または設定グループの保存先のパス。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。設定またはグループの保存先の絶対パスを指定します。これは、ツールボックスの出荷時の設定グループから開始し、設定またはグループの名前を含めます。

例: upgrader.move('mytoolbox.MySetting','mytoolbox.MyUpdatedSetting');

R2019b で導入