Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

listModifiedFiles

プロジェクトの変更済みファイルのリスト

説明

modifiedfiles = listModifiedFiles(proj) は指定したプロジェクトの変更済みプロジェクト ファイルを返します。この関数は、プロジェクトのソース管理ステータスを更新してから、プロジェクトの [変更済みファイル] ビューにリストされるプロジェクト ファイルの配列を返します。

すべて折りたたむ

プロジェクト Times Table App を開きます。currentProject を使用して、現在読み込まれているプロジェクトからプロジェクト オブジェクトを作成します。

matlab.project.example.timesTable
proj = currentProject;

プロジェクト名を変更します。

proj.Name = "Better Times Table App";

プロジェクトの変更済みファイルをすべて取得します。

modifiedfiles = listModifiedFiles(proj)
modifiedfiles = 

  1x2 ProjectFile array with properties:

    Path
    Labels
    Revision
    SourceControlStatus

変更された 2 つのファイルを確認します。これを、resources フォルダーに 2 つの変更済みプロジェクト メタデータ ファイルに表示できる、プロジェクトの [変更済みファイル] ビューと比較します。

最初に変更されたファイルの最新のリビジョンを取得します。

revision = modifiedfiles(1).Revision
revision = 

    "ab5a6255ccb2e63c7cd6a8e3bf5c5564926adae8"

入力引数

すべて折りたたむ

プロジェクト。matlab.project.Project オブジェクトとして指定します。currentProject を使用して、現在読み込まれているプロジェクトからプロジェクト オブジェクトを作成します。

出力引数

すべて折りたたむ

変更済みファイル。ProjectFile オブジェクトの配列として返されます。

R2019a で導入