ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.net.http.RequestLine クラス

パッケージ: matlab.net.http
スーパークラス: matlab.net.http.StartLine

HTTP 要求メッセージの最初の行

説明

RequestLine クラスは要求メッセージの最初の行を表します。要求行は、メッセージを送信または完了するときに自動的に作成されます。要求行を作成して URI 引数の代わりに RequestMessage.send メソッドに渡すこともできます。

クラスの属性

Sealed
true

クラス属性の詳細については、クラスの属性を参照してください。

作成

説明

obj = matlab.net.http.RequestLine(method,requestTarget,protocolVersion) は、指定されたプロパティで要求行を作成します。後続の引数を省略し、[] を使って任意のプレースホルダーを指定できます。

obj = matlab.net.http.RequestLine(str)str を解析して要求行を作成します。

入力引数

すべて展開する

要求行。string または文字ベクトルとして指定します。str は 1 ~ 3 つの部分で構成され、MethodRequestTarget および ProtocolVersion プロパティを空白で区切って指定します。

プロパティ

すべて展開する

要求メソッド。matlab.net.http.RequestMethod 列挙型、要求メソッドを表す string または文字ベクトルとして指定します。メッセージを送信するには、RequestMessage.Method プロパティまたは RequestLine.Method プロパティを設定します。

例: 'GET'

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public
Dependent
true

プロトコルのバージョン。matlab.net.http.ProtocolVersion オブジェクト、またはコンストラクターで受け入れ可能な string として指定します。

例: 'HTTP/1.1'

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public
Dependent
true

ターゲット URI。matlab.net.URI オブジェクト、またはコンストラクターで受け入れ可能な string または文字ベクトルとして指定します。RequestTarget 値は、要求メッセージの send メソッドまたは complete メソッドで指定する URI と一致しなければなりません。

パスが相対または空であっても、RequestTarget には Path プロパティ用に少なくとも先頭のスラッシュ (/) が含まれます。

プロキシを使用する場合、RequestTargetScheme プロパティと Authority プロパティのある完全な URI です。プロキシを使用しない場合、RequestTarget はオプションの Query プロパティのある絶対パスでなければなりません。プロキシは HTTPOptions オブジェクトで指定します。

例: 'http://heritage.stsci.edu/2007/14/images/p0714aa.jpg'

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public
Dependent
true

メソッド

すべて展開する

すべて折りたたむ

HTTP 要求行を作成して Hubble Heritage プロジェクトの Web サイトからイメージを取得します。

import matlab.net.http.RequestLine
url = 'http://heritage.stsci.edu/2007/14/images/p0714aa.jpg';
reqline = RequestLine('get',url,'HTTP/1.1');
string(reqline)
ans = 
"GET http://heritage.stsci.edu/2007/14/images/p0714aa.jpg HTTP/1.1"

R2016b で導入