Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getLocation

クラス: matlab.io.datastore.HadoopLocationBased
パッケージ: matlab.io.datastore

構文

location = getLocation(ds)

説明

location = getLocation(ds) は、datastore オブジェクト ds について Hadoop® 内のデータの位置を返します。

入力引数

すべて展開する

入力データ ストア。matlab.io.Datastore オブジェクトとして指定します。Datastore オブジェクトを作成する場合は、matlab.io.Datastore を参照してください。

出力引数

すべて展開する

Hadoop 内のデータの位置。文字ベクトルの cell 配列、DsFileSet オブジェクトまたは table として返されます。

  • 文字ベクトルの cell 配列 — ファイルのリスト。

  • DsFileSet オブジェクト — DsFileSet オブジェクトを作成するには、matlab.io.datastore.DsFileSet を参照してください。

  • table — table は Hostname という名前の変数を含まなければなりません。変数 Hostname は次のいずれかのデータ型でなければなりません。

    • 各行に 1 個のホスト名を含む string 配列。

    • 各行に 0 個以上のホスト名を含む cell 配列。

属性

Abstracttrue
Hiddentrue

メソッドの属性の詳細については、メソッドの属性を参照してください。

R2019b で導入