Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getLocation

クラス: matlab.io.datastore.HadoopFileBased
パッケージ: matlab.io.datastore

(非推奨) Hadoop 内のファイルの場所

matlab.io.datastore.HadoopFileBased.getLocation は推奨されません。代わりに、matlab.io.datastore.HadoopLocationBasedクラスのgetLocationメソッドを使用します。

構文

location = getLocation(ds)

説明

location = getLocation(ds) は、datastore オブジェクト ds について Hadoop® 内のファイルの場所を返します。

入力引数

すべて展開する

入力データ ストア。matlab.io.Datastore オブジェクトとして指定します。Datastore オブジェクトを作成する場合は、matlab.io.Datastore を参照してください。

出力引数

すべて展開する

Hadoop 内のファイルの場所。文字ベクトルの cell 配列または matlab.io.datastore.DsFileSet オブジェクトとして返されます。DsFileSet オブジェクトを作成する場合は、matlab.io.datastore.DsFileSet を参照してください。

属性

Abstracttrue
Hiddentrue

メソッドの属性の詳細については、メソッドの属性を参照してください。

R2017b で導入