Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matlab.general 設定

matfile 設定を含む一般設定

matlab.general 設定を使用して MATLAB® をカスタマイズできます。関数 settings で返されるルート SettingsGroup オブジェクトを使用して matlab.general 設定にアクセスします。たとえば、MAT ファイルの保存形式 (既定値は 'v7') の一時的な値を 'v7.3' に設定します。

s = settings;
s.matlab.general.matfile.SaveFormat.TemporaryValue = 'v7.3'

設定の詳細については、設定へのアクセスと変更を参照してください。

matlab.general.matfile

MAT ファイルを保存する MAT ファイルのバージョン。'v7.3''v7' または 'v6' として指定します。

MAT ファイルのバージョンの詳細については、MAT ファイルのバージョンを参照してください。

例: s.matlab.general.matfile.SaveFormat.TemporaryValue = 'v7.3'

既定で圧縮を有効化するかどうか。数値または logical 1 (true) または 0 (false) として指定します。既定で圧縮をオンにする場合は true、既定で圧縮をオフにする場合は false を指定します。この設定は、MAT ファイル バージョン 7 と 7.3 で使用できます。

例: s.matlab.general.matfile.EnableCompression.TemporaryValue = true

R2018a で導入