ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

instrfindall

表示可能および非表示のシリアル ポート オブジェクトを検出

構文

out = instrfindall
out = instrfindall('P1',V1,...)
out = instrfindall(s)
out = instrfindall(objs,'P1',V1,...)

説明

out = instrfindall はオブジェクトの ObjectVisibility プロパティの値に関係なく、すべてのシリアル ポート オブジェクトを検出します。1 つまたは複数のオブジェクトが out に返されます。

out = instrfindall('P1',V1,...) はプロパティ名と対応するプロパティ値が引数で指定されたものと一致するシリアル ポート オブジェクトの配列 out を返します。

out = instrfindall(s) はプロパティ名と対応するプロパティ値が構造体 s で指定されたものと一致するシリアル ポート オブジェクトの配列 out を返します。ここで、構造体のフィールド名はプロパティ名に対応し、フィールド値はそれぞれのプロパティの現在の値に対応します。

out = instrfindall(objs,'P1',V1,...) はプロパティ名と値のペアが一致するオブジェクトの検索を objs でリストされているシリアル ポート オブジェクトに制限します。

文字列プロパティ名/プロパティ値のペア、構造体および cell 配列プロパティの名前と値のペアは、関数 instrfindall への同じ呼び出しで使用できます。

Windows® プラットフォームで次のシリアルポート オブジェクトを作成するとします。

s1 = serial('COM1');
s2 = serial('COM2');
set(s2,'ObjectVisibility','off')

s2 オブジェクトの ObjectVisibility'off' に設定されているので、instrfind のようなコマンドには表示できません。

instrfind
   Serial Port Object : Serial-COM1

ただし、instrfindall は、ObjectVisibility の値に関係なく、すべてのオブジェクトを検出します。

instrfindall
	Instrument Object Array
	Index:   Type:          Status:     Name:  
	1        serial         closed      Serial-COM1
	2        serial         closed      Serial-COM2

以下のステートメントは、関数 instrfindall を使用して、cell 配列として渡される、特定のプロパティ設定をもつオブジェクトを返します。

props = {'PrimaryAddress','SecondaryAddress};
vals = {2,0};
obj = instrfindall(props,vals);

表示または非表示のすべてのオブジェクトにコマンドを適用する場合、関数 instrfindall を引数として使用できます。たとえば、以下のステートメントは、すべてのオブジェクトを表示可能にします。

set(instrfindall,'ObjectVisibility','on')

ヒント

instrfindall は、ObjectVisibility プロパティが off に設定されているオブジェクトを検出するという点で、関数 instrfind と異なります。

プロパティ値の大文字と小文字は区別されます。関数 get により返されるものと同じ形式を使って、プロパティ値を指定しなければなりません。たとえば関数 getName プロパティ値を 'MyObject' として返す場合、関数 instrfindall'myobject'Name プロパティ値をもつオブジェクトを検出しません。しかし、文字列値の有限の集合をもつプロパティに対して、大文字と小文字の区別を行いません。たとえば関数 instrfindall'Even' または 'even'Parity プロパティ値をもつオブジェクトを検出します。