ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

hidden

メッシュ プロットの陰線処理

構文

hidden on
hidden off
hidden
hidden(ax,...)

説明

陰線処理では 3 次元表示で他のオブジェクトによって隠されることのないラインのみを作成します。関数 hiddenFaceColor をもつ表面プロット オブジェクトだけに適用されます。

hidden on は現在のメッシュ プロットの陰線処理を行います。メッシュの背面のラインは前面にあるラインによって隠されます。これは既定の動作です。

hidden off は現在のメッシュ プロットの陰線処理を行いません。

hidden は陰線処理の状態を切り替えます。

hidden(ax,...) は、現在の座標軸の代わりに ax で指定される座標軸内にある surface オブジェクトを変更します。

すべて折りたたむ

関数 peaks のメッシュ プロットを作成します。

figure
mesh(peaks)

既定では、MATLAB® は隠れているラインを非表示にします。陰線処理を off に設定して、メッシュの隠れている部分を表示します。

hidden off

アルゴリズム

surface グラフィックス オブジェクトの一様な FaceColor プロパティが座標軸の Color プロパティに一致する場合、hidden off は surface オブジェクトの FaceColor プロパティを 'none' に設定します。

hidden on は Surface オブジェクトの FaceColor プロパティが Axes の Color プロパティ (Axes の Color'none' である場合は Figure の Color プロパティ) に一致するように設定します。

参考

|

R2006a より前に導入