Main Content

h5readatt

HDF5 ファイルからの属性の読み取り

説明

attval = h5readatt(filename,loc,attr) は、HDF5 ファイルの指定された場所から指定された属性の値を取得します。

すべて折りたたむ

HDF5 ファイル example.h5 のルート グループから属性 attr2 を読み取ります。

val = h5readatt('example.h5','/','attr2')
val = 2x2 int32 matrix

   0   2
   1   3

HDF5 ファイル example.h5 内のデータセット lon から属性 units を読み取ります。

val = h5readatt('example.h5','/g4/lon','units')
val = 
'degrees_east'

入力引数

すべて折りたたむ

ファイル名。既存の HDF5 ファイルの名前を含む文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

ファイルの場所によって、filename は次のいずれかの形式をとります。

場所

形式

現在のフォルダー

ファイル名を filename で指定します。

例: 'myFile.h5'

その他のフォルダー

ファイルが現在のフォルダーまたは MATLAB® パス上のフォルダーにない場合は、filename に絶対パス名または相対パス名を指定します。

例: 'C:\myFolder\myFile.h5'

例: 'myFolder\myFile.h5'

リモートの場所

リモートの場所に保存されたファイルの場合、filename は次の形式の Uniform Resource Locator (URL) として指定されたファイルの絶対パスを含まなければなりません。

scheme_name://path_to_file/my_file.ext

リモートの場所に基づいて、scheme_name には次の表の値のいずれかを指定できます。

リモートの場所scheme_name
Amazon S3™s3
Windows Azure® Blob Storagewasb, wasbs
HDFS™hdfs

詳細については、リモート データの操作を参照してください。

例: 's3://bucketname/path_to_file/myFile.h5'

ファイル内の位置。属性が属している既存のグループまたはデータセットの絶対パスが含まれる文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。ファイルのルート グループから属性を読み取るには、場所として '/' を指定します。

属性名。グループまたはデータセットに属している属性の名前が含まれる文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

バージョン履歴

R2011a で導入