ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isomorphism

2 つのグラフ間の同型を計算

構文

P = isomorphism(G1,G2)
P = isomorphism(___,Name,Value)
[P,edgeperm] = isomorphism(___)

説明

P = isomorphism(G1,G2) は、グラフ G1 および G2 間にグラフ同型同値関係が存在する場合、これを計算します。同型が存在しない場合、P は空の配列になります。

P = isomorphism(___,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して追加オプションを指定します。たとえば、'NodeVariables' およびノード変数のリストを指定して同型が有効であるにはこれらの変数を保持しなくてはならないと指定できます。

さらに、[P,edgeperm] = isomorphism(___) は、エッジ置換のベクトル edgeperm を追加で返します。この出力では、多重グラフを使用するときにエッジ変数を保持できます。

すべて折りたたむ

2 つの有向グラフを作成してプロットし、両者間の同型関係を計算します。

G1 = digraph([1 1 1 2 3 4],[2 3 4 4 4 1]);
G2 = digraph([3 3 3 2 1 4],[1 4 2 3 2 2]);
subplot(1,2,1)
plot(G1)
subplot(1,2,2)
plot(G2)

p = isomorphism(G1,G2)
p = 4×1

     3
     1
     4
     2

結果から、reordernodes(G2,p)G1 と同じ構造になることがわかります。

2 つのグラフ G1G2 を作成してプロットします。

G1 = graph([1 1 1 2 2 3 3 4 5 5 7 7],[2 4 5 3 6 4 7 8 6 8 6 8]);
plot(G1,'XData',[1 4 4 1 2 3 3 2],'YData',[4 4 1 1 3 3 2 2])

G2 = graph({'a' 'a' 'a' 'b' 'b' 'b' 'c' 'c' 'c' 'd' 'd' 'd'}, ...
    {'g' 'h' 'i' 'g' 'h' 'j' 'g' 'i' 'j' 'h' 'i' 'j'});
plot(G2,'XData',[1 2 2 2 1 2 1 1],'YData',[4 4 3 2 3 1 2 1])

グラフ間に同型関係がある場合、これを計算します。結果から、ラベルとレイアウトが異なっていても、グラフ ノードを置換して同じグラフを表せることがわかります。

p = isomorphism(G1,G2)
p = 8×1

     1
     2
     5
     3
     4
     7
     6
     8

2 つのグラフ間の 2 つの異なる同型関係を計算します。関係の一方ではノード プロパティが保持され、もう一方では無視されます。

2 つの類似したグラフを作成します。ノード プロパティ Color を各グラフに追加します。

G1 = graph({'d' 'e' 'f'},{'e' 'f' 'd'});
G1.Nodes.Color = {'blue' 'red' 'red'}';

G2 = graph({'a' 'b' 'c'},{'b' 'c' 'a'});
G2.Nodes.Color = {'red' 'red' 'blue'}';

グラフを同じ Figure に並べてプロットします。Color = 'red' のノードを赤で色付けします。

subplot(1,2,1)
p1 = plot(G1);
highlight(p1,{'e' 'f'},'NodeColor','r')

subplot(1,2,2)
p2 = plot(G2);
highlight(p2,{'a' 'b'},'NodeColor','r')

Color プロパティを無視してグラフ間の同型を計算します。

p = isomorphism(G1,G2)
p = 3×1

     1
     2
     3

次に、比較で Color プロパティの値を保持して、同型をもう一度計算します。isomorphismColor プロパティを保持した異なる順列を返します。

p = isomorphism(G1,G2,'NodeVariables','Color')
p = 3×1

     3
     1
     2

同型が一致する G1G2 のノードを表示します。

[G1.Nodes.Name, G2.Nodes.Name(p)]
ans = 3x2 cell array
    {'d'}    {'c'}
    {'e'}    {'a'}
    {'f'}    {'b'}

入力引数

すべて折りたたむ

入力グラフ。graph オブジェクトまたは digraph オブジェクトの個別の引数として指定します。無向グラフの作成には graph を、有向グラフの作成には digraph を使用します。

G1 および G2 は両方が graph オブジェクトまたは digraph オブジェクトでなければなりません。

例: G1 = graph(1,2)

例: G1 = digraph([1 2],[2 3])

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: P = isomorphism(G1,G2,'NodeVariables',{'Var1' 'Var2'})

保持するエッジ変数。'EdgeVariables' と、文字ベクトル、string スカラー、文字ベクトルの cell 配列、または string 配列で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。このオプションを使用して、G1.EdgesG2.Edges の両方にある 1 つ以上のエッジ変数を指定します。同型が有効であるためには、指定されたエッジ変数を保持しなければなりません。

G が多重グラフの場合は、エッジ変数の順序の変更を有効にする 2 番目の出力 edgeperms を指定します。

データ型: char | string | cell

保持するノード変数。'NodeVariables' と、文字ベクトル、string スカラー、文字ベクトルの cell 配列、または string 配列で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。このオプションを使用して、G1.NodesG2.Nodes の両方にある 1 つ以上のノード変数を指定します。同型が有効であるためには、指定されたノード変数を保持しなければなりません。

データ型: char | string | cell

出力引数

すべて折りたたむ

同型の置換ベクトル。同型が存在する場合は列ベクトルとして、同型が存在しない場合は空の配列 [] として返されます。P が空でない場合、reordernodes(G2,P)G1 と同じ構造です。

エッジ置換。列ベクトルとして返されます。多重グラフを使用する場合、エッジ置換ベクトルを使用すると、'EdgeVariables' 名前と値のペアで指定されたエッジ変数を保持できます。以下のコマンドを使用して、繰り返されるエッジのエッジ変数を並べ替えます。

[p,edgeperm] = isomorphism(g1,g2,'EdgeVariables',edgevars);
g2perm = reordernodes(g2, p);
g2perm.Edges(:, 2:end) = g2perm.Edges(edgeperm, 2:end);

詳細

すべて折りたたむ

グラフ同型

2 つのグラフ G1 および G2 は、ノード P の順列が存在する場合は同型であり、reordernodes(G2,P)G1 と同じ構造です。

同型である 2 つのグラフは構造が類似しています。たとえば、あるグラフに 1 つの閉路が含まれている場合、そのグラフと同型のすべてのグラフにも 1 つの閉路が含まれています。

R2016b で導入