ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

enableservice

MATLAB オートメーション サーバーを有効または無効にする、その状態を表示する

構文

state = enableservice('AutomationServer',enable)
state = enableservice('AutomationServer')

説明

state = enableservice('AutomationServer',enable) は、MATLAB® オートメーション サーバーを有効または無効にします。enabletrue (logical 1) の場合、関数 enableservice は、既存の MATLAB セッションをオートメーション サーバーに変換します。enablefalse (logical 0) の場合、関数 enableservice は MATLAB オートメーション サーバーを無効にします。state は、オートメーション サーバーの以前の状態を示します。state = 1 の場合、MATLAB はオートメーション サーバーでした。state = 0 の場合、MATLAB はオートメーション サーバーではありませんでした。

state = enableservice('AutomationServer') は、オートメーション サーバーの現在の状態を返します。state が logical 1 (true) の場合、MATLAB はオートメーション サーバーです。

COM 関数は、Microsoft® Windows® システムでのみ使用可能です。

現在の MATLAB セッション上でオートメーション サーバーを有効にします。

state = enableservice('AutomationServer',true);

MATLAB セッションの現在の状態を示します。MATLAB は true を示します。

state = enableservice('AutomationServer')

オートメーション サーバーを有効にして、前の状態を示します。MATLAB は true を示します。以前の状態と現在の状態が同じであることがあります。

state = enableservice('AutomationServer',true)

MATLAB を実行するたびにオートメーション サーバーを有効にする方法は、オートメーション サーバーの手動作成を参照してください。

R2006a より前に導入