ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Parquet ファイル

Parquet ファイルの読み取りと書き込み

Parquet ファイル形式は、列方向のデータの極めて効率的な圧縮とエンコードをサポートしています。この形式では、圧縮方式を列ごとのレベルで指定することが可能で、データの効率的な圧縮とエンコードができるようになります。MATLAB® で Parquet ファイルの読み取りと書き込みを行うには、関数 parquetread と関数 parquetwrite を使用します。Parquet ファイルのコレクションを読み取るには、ParquetDatastore を使用します。

Parquet ファイル形式の詳細については、https://parquet.apache.org/を参照してください。

関数

parquetreadParquet ファイルから列指向データを読み取る
parquetwriteParquet ファイルに列指向データを書き込む
parquetinfoParquet ファイルに関する情報の取得
parquetDatastoreParquet ファイルの集合用のデータ ストア

トピック

Apache Parquet データ型のマッピング

Parquet ファイル形式で表現可能な MATLAB データ型と精度制限の概要。