Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

C++ ライブラリに対するインターフェイスをビルドするための要件

共有ライブラリは、実行時にアプリケーションによって動的に読み込まれるクラスと関数のコレクションです。C++ 共有ライブラリに対する MATLAB® インターフェイスでは、C++ のヘッダー ファイルとソース ファイルで定義されている機能を含むライブラリがサポートされています。ヘッダーを C++ 開発環境でコンパイルし、その機能を C++ アプリケーションで使用できなければなりません。

Cpp ソース ファイルおよびヘッダー ファイル

C++ ライブラリに対する MATLAB インターフェイスをパブリッシュするには、インターフェイスに含める特定の機能と、その機能を含み関連付けられているヘッダー ファイルを識別します。

ライブラリのコード例を開始点として使い、.hpp ヘッダー ファイルを作成することができます。コード例の #include ステートメントに、関連するヘッダー ファイルが含まれています。.cpp コードをテキスト エディターにコピーします。関数 main とその実装を削除します。ファイル拡張子 .cpp を指定して、ファイルを保存します。このファイル名は、関数 clibgen.buildInterface または関数 clibgen.generateLibraryDefinition の引数 SourceFiles です。

共有ライブラリ ファイル

MATLAB は、以下のプラットフォームで 64 ビットのダイナミック ライブラリをサポートします。

プラットフォーム共有ライブラリファイルの拡張子

Microsoft® Windows®

ダイナミックリンク ライブラリ ファイル

.dll

インポート ライブラリ ファイル

.lib

Linux®

共有オブジェクト ファイル

.so

Apple macOS

ダイナミック共有ライブラリ ファイル

.dylib

コンパイラの依存関係

C++ ライブラリに対する MATLAB インターフェイスをビルドするには、MATLAB でサポートされる C++ コンパイラがインストールされていなければなりません。サポートされているコンパイラの最新の一覧については、サポートされるコンパイラを参照してください。

C++ ライブラリのビルドに使用したものと同じコンパイラを使用して、ライブラリへのインターフェイスをビルドしなければなりません。ライブラリがヘッダー専用 (共有ライブラリ ファイルを使用しない) の場合は、サポートされている任意の C++ コンパイラを選択してインターフェイス ライブラリをビルドできます。

メモ

すべての C++ コンパイラですべての C++ の機能がサポートされているわけではありません。

関連するトピック

外部の Web サイト