ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

HTTP インターフェイスとは

MATLAB® HTTP インターフェイスは、適切に構成された HTTP 要求を発行し、その応答を処理するための機能を提供します。 また、RESTful Web サービス関数 webread および webwrite を使用して HTTP 要求を行うこともできます。ただし、Web サービスのいくつかの操作はより複雑であり、これらの関数でサポートされていない機能を必要とします。

HTTP インターフェイスは、スクリプトや関数でのプログラムによる使用のために設計されています。このインターフェイスは、HTTP のデータ構造のオブジェクト モデルです。メッセージのクラス、そのヘッダーとフィールド、および Internet Engineering Task Force (IETF®) の規格で定義された他のエンティティが含まれています。詳細については、Request for Comments (RFC) のドキュメントの RFC 7230RFC 7231RFC 7235RFC 2617RFC 6265 を参照してください。インターフェイスには、HTTP メッセージングのセマンティクスを実装する関数、および送受信されたデータを処理するユーティリティが含まれています。また、メッセージの処理、送信、受信に必要なサポート クラスも含まれています。

このインターフェイスは HTTP/1.1 プロトコルを基にしています。

関連するトピック

外部の Web サイト