ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ワークブック OnClose イベントのメッセージの表示

この例では、COM インターフェイス イベントを処理する方法、Microsoft® Excel® workbook オブジェクトでイベントを設定する方法、およびその BeforeClose イベントを処理する方法を説明します。

現在のフォルダーで、次のイベント ハンドラー ファイル OnBeforeCloseWorkbook.m を作成します。

function OnBeforeCloseWorkbook(varargin)
disp('BeforeClose event occurred')

Excel オブジェクトを作成し、それを可視化します。

xl = actxserver('Excel.Application');
xl.Visible = 1;

ワークブックを追加します。

hWbks = xl.Workbooks;
hWorkbook = hWbks.Add;

OnClose イベントに対し関数 OnBeforeCloseWorkbook を登録します。

registerevent(hWorkbook,{'BeforeClose' @OnBeforeCloseWorkbook})

ワークブックを閉じます。これにより、Close イベントがトリガーされ、OnClose ハンドラーが呼び出されます。

Close(hWorkbook)
BeforeClose event occurred
Quit(xl)

参考

関連するトピック