Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

IDE を使用したエンジン アプリケーションのビルド

MATLAB® エディターを使用して、エンジン アプリケーションのコードとそれをビルドする mex コマンドを記述することができます。Microsoft® Visual Studio® または Xcode のような統合開発環境 (IDE) を使用してソース コードを記述する場合は、依然として mex コマンドを使用することができます。ただし、IDE を使用してアプリケーションをビルドするには、次のトピックのガイドラインに従ってください。

IDE の構成

統合開発環境を使用してエンジン アプリケーションをビルドするには、IDE に MATLAB でサポートされているコンパイラが必要です。サポートされているコンパイラの最新の一覧については、サポートされるコンパイラを参照してください。

エンジン アプリケーションには、エンジン ライブラリ libeng、行列ライブラリ libmx およびサポートしているインクルード ファイルを必要とします。mex コマンドを使用したビルドの際、MATLAB はこれらのファイルを検索するように設定されています。IDE でビルドを実行する場合、これらのファイルが検索されるように IDE を設定しなければなりません。これらの設定は、IDE によって異なります。製品のドキュメンテーションを参照してください。

エンジン インクルード ファイル

ヘッダー ファイルには、関数宣言と、API ライブラリでアクセスするルーチンのプロトタイプが含まれています。これらのファイルは matlabroot\extern\include フォルダーに存在し、Windows®macOS、および Linux® の各システムで共通です。エンジン アプリケーションは以下のファイルを使用します。

  • engine.h — エンジン ルーチンの関数プロトタイプ

  • matrix.hmxArray 構造体の定義および行列アクセス ルーチンの関数プロトタイプ

  • mat (オプション) — mat.h ルーチンの関数プロトタイプ

IDE では、プリプロセッサのインクルード パスを次の MATLAB コマンドによって返される値に設定します。

fullfile(matlabroot,'extern','include')

エンジン ライブラリ

共有ライブラリ libeng および libmx が必要です。ファイル名はプラットフォーム固有になります。これらのライブラリの名前を IDE 構成に追加します。詳細は、IDE 製品のドキュメンテーションを参照してください。

Windows ライブラリ

以下のパス指定では、compilermicrosoft または mingw64 に置き換えます。

  • エンジン ライブラリ — matlabroot\extern\lib\win64\compiler\libeng.lib

  • 行列ライブラリ — matlabroot\extern\lib\win64\compiler\libmx.lib

  • MEX ライブラリ (オプション) — matlabroot\extern\lib\win64\compiler\libmex.lib

  • MAT ファイル ライブラリ (オプション) — matlabroot\extern\lib\win64\compiler\libmat.lib

Linux ライブラリ

  • エンジン ライブラリ — matlabroot/bin/glnxa64/libeng.so

  • 行列ライブラリ — matlabroot/bin/glnxa64/libmx.so

  • MEX ライブラリ (オプション) — matlabroot/bin/glnxa64/libmex.so

  • MAT ファイル ライブラリ (オプション) — matlabroot/bin/glnxa64/libmat.so

macOS ライブラリ

  • エンジン ライブラリ — matlabroot/bin/maci64/libeng.dylib

  • 行列ライブラリ — matlabroot/bin/maci64/libmx.dylib

  • MEX ライブラリ (オプション) — matlabroot/bin/maci64/libmex.dylib

  • MAT ファイル ライブラリ (オプション) — matlabroot/bin/maci64/libmat.dylib

関連するトピック