ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

スプレッドシート セルの Range における行の高さの変更

この例では、スプレッドシートで Range オブジェクトにより定義される、行の高さを変更する方法を説明します。

Excel® Range オブジェクトは、入力引数を取るプロパティです。MATLAB® はそのようなプロパティをメソッドとして扱います。関数 methods を使用して、Range オブジェクトの作成に関する情報を取得します。

Worksheet オブジェクト ws を作成します。

e = actxserver('Excel.Application');
wb = Add(e.Workbooks);
e.Visible = 1;
ws = e.Activesheet;

ワークシートにおけるすべての行の既定の高さを表示します。

ws.StandardHeight
ans =

   14.4000

Range オブジェクトを作成するための関数構文を表示します。表示されたリストで Range エントリの handle Range(handle,Variant,Variant(Optional)) を検索します。

methods(ws,'-full')
Methods for class Interface.000208D8_0000_0000_C000_000000000046:

Activate(handle)
Calculate(handle)
handle ChartObjects(handle, Variant(Optional))
CheckSpelling(handle, Variant(Optional))
CircleInvalid(handle)
ClearArrows(handle)
ClearCircles(handle)
Copy(handle, Variant(Optional))
Delete(handle)
Variant Evaluate(handle, Variant)
ExportAsFixedFormat(handle, XlFixedFormatType, Variant(Optional))
Move(handle, Variant(Optional))
handle OLEObjects(handle, Variant(Optional))
Paste(handle, Variant(Optional))
PasteSpecial(handle, Variant(Optional))
handle PivotTableWizard(handle, Variant(Optional))
handle PivotTables(handle, Variant(Optional))
PrintOut(handle, Variant(Optional))
PrintPreview(handle, Variant(Optional))
Protect(handle, Variant(Optional))
handle Range(handle, Variant, Variant(Optional))
ResetAllPageBreaks(handle)
SaveAs(handle, ustring, Variant(Optional))
handle Scenarios(handle, Variant(Optional))
Select(handle, Variant(Optional))
SetBackgroundPicture(handle, ustring)
ShowAllData(handle)
ShowDataForm(handle)
Unprotect(handle, Variant(Optional))
handle XmlDataQuery(handle, ustring, Variant(Optional))
handle XmlMapQuery(handle, ustring, Variant(Optional))
addproperty(handle, string)
delete(handle, MATLAB array)
deleteproperty(handle, string)
MATLAB array events(handle, MATLAB array)
MATLAB array get(handle)
MATLAB array get(handle, MATLAB array, MATLAB array)
MATLAB array get(handle vector, MATLAB array, MATLAB array)
MATLAB array invoke(handle)
MATLAB array invoke(handle, string, MATLAB array)
MATLAB array loadobj(handle)
release(handle, MATLAB array)
MATLAB array saveobj(handle)
MATLAB array set(handle vector, MATLAB array, MATLAB array)
MATLAB array set(handle, MATLAB array, MATLAB array)
MATLAB array set(handle)

最初の行で構成される Range オブジェクトを作成します。

wsRange = Range(ws,'A1');

行の高さを増やします。

wsRange.RowHeight = 25;

ワークシートを開き、1 行目をクリックして高さを確認します。

ワークブックを保存せずに閉じます。

wb.Saved = 1;
Close(e.Workbook)

アプリケーションを閉じます。

Quit(e)
delete(e)

参考

関連するトピック

外部の Web サイト