ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ワークスペース ブラウザーでの統計の表示

各変数またはオブジェクトに対し、ワークスペース ブラウザーは [最小値][最大値][平均] などの統計量を表示できます (該当する場合)。MATLAB® は、関数 minmaxmean を使用してこれらの計算を実行し、自動的に結果を更新します。

統計を表示するには、ワークスペース ブラウザーのタイトル バーで をクリックし、[列選択] を選択します。MATLAB で計算する統計量を選択します。

統計計算中にワークスペース ブラウザーのパフォーマンスを向上させる

ワークスペース ブラウザーで統計量の列を表示する場合や非常に大きい配列を扱う場合は、MATLAB が統計結果を更新するに従い、パフォーマンスの問題が発生することがあります。パフォーマンスを向上させるには、以下の方法を検討してください。

  • 希望する統計のみを表示する。

    ワークスペース ブラウザーのタイトル バーで をクリックし、[列選択] を選択します。MATLAB で計算しない統計を消去します。

  • 統計計算から大きな配列を除外する。

    [ホーム] タブの [環境] セクションで [設定] をクリックします。[MATLAB][ワークスペース] を選択してから、[統計量の計算] の下にある矢印ボタンを使用して、ワークスペース ブラウザーで統計計算が行われる配列の最大サイズを変更します。最大配列サイズを超過する変数は、ワークスペース ブラウザー統計列に統計結果ではなく <Too many elements> が報告されます。

統計計算に NaN 値を含めるか除外する

データが NaN (Not-a-Number 値) を含む場合は、ワークスペース ブラウザーの統計計算で NaN を考慮するか無視するかを指定することができます。[ホーム] タブの [環境] セクションで [設定] をクリックします。[MATLAB][ワークスペース] を選択し、次のいずれかを選択します。

  • 統計量の計算に NaN を考慮

    変数に NaN が含まれており、このオプションを選択した場合、[最小値][最大値][分散] および他のいくつかの統計の値が NaN として表示されます。ただし、[最頻値] および他のいくつかの統計では数値結果が表示されます。

  • 可能なかぎり NaN を無視

    変数に NaN が含まれており、このオプションを選択した場合、数値結果は [最小値][最大値] および [最頻値] を含むほとんどの統計に表示されます。ただし、[分散]NaN として表示されます。

関連するトピック