Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

データのプロット

はじめに

MATLAB® ワークスペースにデータをインポートした後、データをプロットしてデータの特性を検討するのは良い方法です。データのプロットを試みると、対象領域と同様に、不連続点や潜在的な外れ値を特定することもできます。

MATLAB Figure ウィンドウにプロットが表示されます。Figure ウィンドウの詳細は、MATLAB プロットのタイプを参照してください。また、MATLAB グラフィックスの編集とカスタマイズに使用できる対話型のツールについても説明します。

テキスト ファイルからのデータの読み込みとプロット

この例では、count.dat にあるサンプル データ (スペースで区切られたテキスト ファイル) を使用します。このファイルには、3 つの交差点で 24 時間集めた、1 時間ごとの交通量調査のデータセットが 3 セット含まれています。このファイル内の各データ列は、1 つの交差点に対するデータを表します。

count.dat データの読み込み

関数 load を使用してワークスペースにデータをインポートします。

load count.dat

このデータを読み込むと、MATLAB ワークスペースに count という 24 行 3 列の行列が作成されます。

データ行列のサイズを取得します。

[n,p] = size(count)
n = 24
p = 3

n は行数を表し、p は列数を表します。

count.dat データのプロット

1 から n までの整数を含む時間ベクトル t を作成します。

t = 1:n;

データを時間の関数としてプロットし、プロットに注釈を付けます。

plot(t,count), 
legend('Location 1','Location 2','Location 3','Location','NorthWest')
xlabel('Time'), ylabel('Vehicle Count')
title('Traffic Counts at Three Intersections')

Figure contains an axes. The axes with title Traffic Counts at Three Intersections contains 3 objects of type line. These objects represent Location 1, Location 2, Location 3.

参考

| | | | | |

関連するトピック