Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

自動計算されるプロパティの既定値

自動計算されるプロパティとは

グラフを作成する場合、MATLAB® ではそのグラフに適切なプロパティ値が設定されます。これらのプロパティ (軸の範囲および Figure のレンダラーをコントロールするプロパティなど) には、モード プロパティが関連付けられています。

このモード プロパティは、MATLAB がプロパティの値を計算するか (モードが auto)、プロパティが指定された値を使用するか (モードが manual) を決定します。

自動計算されるプロパティの既定値

自動計算されるプロパティの既定値を設定するには、2 つの手順が必要です。

  • プロパティの既定値を設定

  • モード プロパティの既定値を manual として定義

X 軸の範囲の設定

X 軸の範囲に対して既定値を定義する場合を考えます。座標軸の XLim プロパティは通常自動計算されるため、関連付けられているモード プロパティ (XLimMode) を manual に設定しなければなりません。

set(groot,'defaultAxesXLim',[0 8])
set(groot,'defaultAxesXLimMode','manual')
plot(1:20)

座標軸は既定の X 軸の範囲 [0 8] を使用します。