Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

string 配列からのワードクラウドの作成

この例では、プレーン テキストから string 配列に読み取り、前処理して、それを関数 wordcloud に渡して、ワード クラウドを作成する方法を示します。Text Analytics Toolbox™ がインストールされている場合は、string 配列から直接ワード クラウドを作成できます。詳細については、wordcloud (Text Analytics Toolbox)(Text Analytics Toolbox) を参照してください。

関数 fileread を使用して、シェークスピアのソネットからテキストを読み取ります。

sonnets = fileread('sonnets.txt');
sonnets(1:135)
ans = 
    'THE SONNETS
     
     by William Shakespeare
     
     
     
     
       I
     
       From fairest creatures we desire increase,
       That thereby beauty's rose might never die,'

関数 string を使用して、テキストを string に変換します。次に、関数 splitlines を使用して、改行文字の位置で分割します。

sonnets = string(sonnets);
sonnets = splitlines(sonnets);
sonnets(10:14)
ans = 5x1 string
    "  From fairest creatures we desire increase,"
    "  That thereby beauty's rose might never die,"
    "  But as the riper should by time decease,"
    "  His tender heir might bear his memory:"
    "  But thou, contracted to thine own bright eyes,"

一部の句読点をスペースに置き換えます。

p = ["." "?" "!" "," ";" ":"];
sonnets = replace(sonnets,p," ");
sonnets(10:14)
ans = 5x1 string
    "  From fairest creatures we desire increase "
    "  That thereby beauty's rose might never die "
    "  But as the riper should by time decease "
    "  His tender heir might bear his memory "
    "  But thou  contracted to thine own bright eyes "

sonnets を、個々の単語を要素として含む string 配列に分割します。これを行うには、すべての string 要素を 1 行 1 列の string に結合して、空白文字の位置で分割します。

sonnets = join(sonnets);
sonnets = split(sonnets);
sonnets(7:12)
ans = 6x1 string
    "From"
    "fairest"
    "creatures"
    "we"
    "desire"
    "increase"

5 文字未満の語を削除します。

sonnets(strlength(sonnets)<5) = [];

sonnets を categorical 配列に変換して、wordcloud を使用してプロットします。この関数は C の一意の要素を、その頻度数に対応するサイズでプロットします。

C = categorical(sonnets);
figure
wordcloud(C);
title("Sonnets Word Cloud")

参考

|