Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

表形式データからのヒートマップの作成

ヒートマップとは、色を使ってデータを可視化する方法です。この例では、ファイルを table として MATLAB® にインポートする方法と、table 列からヒートマップを作成する方法について説明します。また、タイトルや軸ラベルの設定など、ヒートマップの外観の変更方法を示します。

ファイルを table としてインポート

2015 年 1 月から 2016 年 7 月までの毎日の平均気温を含んだサンプル ファイル TemperatureData.csv を読み込みます。ファイルを table として読み取り、最初の 5 行を表示します。

tbl = readtable('TemperatureData.csv');
head(tbl,5)
ans=5×4 table
    Year       Month       Day    TemperatureF
    ____    ___________    ___    ____________

    2015    {'January'}     1          23     
    2015    {'January'}     2          31     
    2015    {'January'}     3          25     
    2015    {'January'}     4          39     
    2015    {'January'}     5          29     

基本的なヒートマップの作成

月を x 軸、年を y 軸に表示するヒートマップを作成します。温度のデータを使用してヒートマップ セルに色を付けるために、ColorVariable プロパティを設定します。HeatmapChart オブジェクトを変数 h に代入します。チャートを作成した後で変更を加えるには、h を使用します。

h = heatmap(tbl,'Month','Year','ColorVariable','TemperatureF');

MATLAB では既定で色データが各月の平均気温として計算されます。ただし、ColorMethod プロパティを設定して計算方法を変更することができます。

軸の値の並べ替え

軸の値は、アルファベット順に表示されます。時系列で表示されるように月を並べ替えます。ラベルは、categorical 配列を使用するか、HeatmapChart プロパティを設定してカスタマイズできます。

categorical 配列を使用するには、最初に table の Month 列のデータを cell 配列から categorical 配列に変更します。次に、関数 reordercats を使用してカテゴリを並べ替えます。これらの関数はワークスペースの table (tbl) または HeatmapChart オブジェクトの SourceTable プロパティに格納されている table (h.SourceTable) に適用できます。HeatmapChart オブジェクトに格納された table にそれらを適用することで、元のデータへの影響が回避されます。

h.SourceTable.Month = categorical(h.SourceTable.Month);
neworder = {'January','February','March','April','May','June','July',...
    'August','September','October','November','December'};
h.SourceTable.Month = reordercats(h.SourceTable.Month,neworder);

同様に、categorical 配列用の関数 addcatsremovecats、または renamecats を使用して、ヒートマップのラベルを追加、削除、または名前変更することができます。

あるいは、HeatmapChart オブジェクトの XDisplayData プロパティと YDisplayData プロパティを使用して、軸に沿って値を並べ替えることができます。

h.XDisplayData = {'January','February','March','April','May','June','July',...
    'August','September','October','November','December'};

タイトルと軸ラベルの変更

表形式のデータを使用してヒートマップを作成する場合、ヒートマップは自動的にタイトルと軸ラベルを生成します。タイトルと軸ラベルをカスタマイズするには、HeatmapChart オブジェクトの TitleXLabel、および YLabel プロパティを設定します。たとえば、タイトルを変更し、x 軸ラベルを削除します。フォント サイズも変更します。

h.Title = 'Average Temperatures';
h.XLabel = '';
h.FontSize = 12;

欠損データ セルの外観の変更

2016 年 8 月から 2016 年 12 月のデータがないため、それらのセルは欠損データとして表示されます。欠損データ セルの外観は、MissingDataColor プロパティおよび MissingDataLabel プロパティを使用して変更します。

h.MissingDataColor = [0.8 0.8 0.8];
h.MissingDataLabel = 'No Data';

カラー バーの削除

カラー バーを削除するには、ColorbarVisible プロパティを設定します。

h.ColorbarVisible = 'off';

セルのテキストの書式設定

各セルに表示されるテキストの書式をカスタマイズするには、CellLabelFormat プロパティを設定します。たとえば、テキストを小数点以下の値なしで表示します。

h.CellLabelFormat = '%.0f';

軸の値の追加または削除

XDisplayData プロパティを設定して各四半期の最初の月だけを表示します。YDisplayData プロパティを設定して y 軸に 2017 年を追加します。これらのプロパティを、それぞれ XData または YData の値からなるサブセット、スーパーセット、または順列に設定します。

h.XDisplayData = {'January','April','July','October'};
h.YDisplayData = {'2015','2016','2017'};

2017 年に関連付けられているデータがないため、ヒートマップ セルでは欠損データの色が使用されます。

参考

関数

プロパティ