Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mxIsDouble (C および Fortran)

mxArray が倍精度浮動小数点数としてデータを表しているかどうかを判別

C 構文

#include "matrix.h"
bool mxIsDouble(const mxArray *pm);

Fortran 構文

#include "fintrf.h"
integer*4 mxIsDouble(pm)
mwPointer pm

引数

pm

mxArray へのポインター

戻り値

mxArray がそのデータを倍精度浮動小数点数として格納している場合は logical 1 (true)、それ以外の場合は logical 0 (false)。

説明

mxIsDouble を呼び出して、指定されている mxArray がその実数データと虚数データを倍精度浮動小数点数として表しているかどうかを判断します。

古いバージョンの MATLAB® ソフトウェアでは、すべての mxArray データを倍精度浮動小数点数として格納します。ただし、MATLAB Version 5 以降のソフトウェアでは、MATLAB は実数データと虚数データをさまざまな数値形式で格納できます。

C では、mxIsDouble を呼び出すことは以下を呼び出すことと同等です。

mxGetClassID(pm) == mxDOUBLE_CLASS

Fortan では、mxIsDouble を呼び出すことは以下を呼び出すことと同等です。

mxGetClassName(pm) .eq. 'double'

matlabroot/extern/examples/refbook の次の例を参照してください。

matlabroot/extern/examples/mx の次の例を参照してください。

R2006a より前に導入