Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matlab::engine::FutureResult

非同期演算の結果を取得する

説明

future の結果は、MATLAB® の関数またはステートメントの結果を取得するために使用できるオブジェクトです。FutureResult クラスは、C++ std::future クラスのすべてのメンバー関数を提供します。

クラスの詳細

名前空間:

matlab::engine
インクルードMatlabEngine.hpp

コンストラクターの概要

次の非同期関数を使用して、FutureResult オブジェクトを作成します。

メソッドの概要

メンバー関数

cancel

FutureResult オブジェクトで保持されている演算をキャンセルします。

std::future に委託されているメンバー関数

operator=sharegetwaitwait_forwait_until

get メソッドでスローされる例外

matlab::engine::EngineException

MATLAB セッションの起動やセッションへの接続ができません。

matlab::engine::CancelException

コマンドの実行がキャンセルされました。

matlab::engine::InterruptedException

コマンドの評価が中断されました。

matlab::engine::MATLABNotAvailableException

MATLAB セッションを使用できません。

matlab::engine::MATLABSyntaxException

MATLAB 関数に構文エラーが存在します。

matlab::engine::MATLABExecutionException

関数に MATLAB ランタイム エラーがあります。

matlab::engine::TypeConversionException

MATLAB 関数の結果を指定された型に変換できません。

メソッドの詳細

cancel

bool FutureResult::cancel(bool allowInterrupt = true);
説明

MATLAB 関数またはステートメントの評価をキャンセルします。matlab::engine::startMATLABAsyncmatlab::engine::connectMATLABAsync、または matlab::engine::findMATLABAsync を使用する非同期演算はキャンセルできません。

パラメーター

bool allowInterrupt

false の場合、実行が既に開始されていたら中断しない。

戻り値

bool

実行が既に開始されていた場合にコマンドがキャンセルされたか。

bool flag = future.cancel();
例外安全

例外はスローされません。

R2017b で導入