Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matlab::engine::connectMATLABAsync

共有 MATLAB セッションに非同期的に接続する

説明

FutureResult<std::unique_ptr<MATLABEngine>> connectMATLABAsync()

FutureResult<std::unique_ptr<MATLABEngine>> connectMATLABAsync(const matlab::engine::String& name)

ローカル マシン上の共有 MATLAB® セッションに非同期的に接続します。

  • 共有 MATLAB セッションの名前を指定してもエンジンがその名前のセッションを見つけられない場合、エンジンは例外をスローします。

  • 名前を指定せず、使用可能な共有 MATLAB セッションがない場合、エンジンは新しい共有 MATLAB セッションを開始します。MATLAB デスクトップは起動しません。

  • 名前を指定せず、使用可能な共有 MATLAB セッションが存在する場合、エンジンは使用可能な最初のセッションに接続します。

インクルード

名前空間:

matlab::engine
インクルードMatlabEngine.hpp

パラメーター

const matlab::engine::String& name

共有 MATLAB セッションの名前

戻り値

FutureResult<std::unique_ptr<MATLABEngine>>

MATLABEngine へのポインターを取得するために使用できる FutureResult オブジェクト

すべて展開する

my_matlab という名前の共有 MATLAB セッションに非同期的に接続します。FutureResult get メソッドを使用して、MATLABEngine オブジェクトへのポインターを取得します。

#include "MatlabEngine.hpp"
void asyncConnect() {
    using namespace matlab::engine;

    // Find and connect to shared MATLAB session
    FutureResult<std::unique_ptr<MATLABEngine>> future = connectMATLABAsync(u"my_matlab");
    ...
    std::unique_ptr<MATLABEngine> matlabPtr = future.get();
}
R2017b で導入