Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ボリュームの領域分割

3 次元グレースケールまたは RGB ボリューム イメージのセグメンテーション

説明

このアプリを使用すると、自動、半自動、および手動の手法で、3 次元グレースケールまたは RGB イメージのバイナリ セグメンテーション マスクまたはセマンティック セグメンテーション マスクを作成および調整できます。

Volume Segmenter app

ボリュームの領域分割 アプリを開く

  • MATLAB® ツールストリップ: [アプリ] タブを開き、[イメージ処理とコンピューター ビジョン] の下にある [ボリュームの領域分割] アプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: volumeSegmenter と入力します。

すべて展開する

  1. ボリュームをワークスペースに読み込みます。

    load(fullfile(toolboxdir('images'),'imdata','BrainMRILabeled','images','vol_001.mat'));
    
  2. 対応するラベル付きボリュームをワークスペースに読み込みます。

    load(fullfile(toolboxdir('images'),'imdata','BrainMRILabeled','labels','label_001.mat'));
    
  3. ボリュームとラベル付きボリュームを指定して、ボリュームの領域分割アプリを開きます。

    volumeSegmenter(vol,label)

関連する例

プログラムによる使用

すべて展開する

volumeSegmenter は、ボリュームの領域分割アプリを開きます。

volumeSegmenter(V) は、ボリュームの領域分割アプリを開き、ボリューム V を読み込みます。ボリューム V は、スカラー値の m x n x p または m x n x p x 3 のイメージで、そのクラスは uint8uint16uint32int8int16int32single、または double です。

volumeSegmenter(V,L) は、ボリュームの領域分割アプリを開き、ボリューム V とラベル付きボリューム L を読み込みます。ラベル付きボリューム L は、スカラー値の m x n x p のイメージで、そのクラスは logicalcategoricaluint8uint16uint32int8int16int32single、または double です。

volumeSegmenter(___,'Show3DDisplay',TF) の logical 値は、ボリュームの領域分割アプリ内で 3 次元ボリュームを可視化するかどうかを指定します。既定値は true です。ただし、3-D 表示がサポートされていないプラットフォーム (Linux プラットフォームなど) や、OpenGL のソフトウェア バージョンを使用している Windows プラットフォームでは、既定値は false です。

R2020b で導入