Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

plotSFR

エッジの空間周波数応答をプロットします

説明

plotSFR(sharpnessMeasurementTable) は、鮮鋭度測定テーブルまたは鮮鋭度測定集計テーブルに空間周波数応答 (SFR) をプロットします。

plotSFR(sharpnessMeasurementTable,Name,Value) は、ディスプレイの特性を制御する追加パラメーターを指定して SFR をプロットします。

すべて折りたたむ

この例では、Imatest® eSFR チャート上にある 60 個の傾斜したエッジ ROI の指定したサブセットの空間周波数応答 (SFR) プロットを表示する方法を示します。

eSFR チャートのイメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('eSFRTestImage.jpg');

esfrChart オブジェクトを作成し、ROI 注釈を含むチャートを表示します。60 個の傾斜したエッジ ROI には緑色の数字でラベル付けされています。

chart = esfrChart(I);
displayChart(chart,'displayGrayROIs',false,...
    'displayColorROIs',false,'displayRegistrationPoints',false)

すべての ROI のエッジ鮮鋭度を測定し、測定値を sharpnessTable で返します。

sharpnessTable = measureSharpness(chart);

ROI 26 と 27 の SFR プロットのみを表示します。

plotSFR(sharpnessTable,'ROIIndex',[26 27]);

入力引数

すべて折りたたむ

エッジの SFR 測定値。m 行を含む鮮鋭度テーブルまたは鮮鋭度集計テーブルとして指定します。

  • sharpnessMeasurementTable が鮮明度テーブルの場合、m はサンプリングされた ROI の数です。

  • sharpnessMeasurementTable が鮮鋭度集計テーブルの場合、m はサンプリングされた方向の数に応じて 1 または 2 のいずれかです。

鮮鋭度テーブルまたは鮮鋭度集計テーブルを取得するには、関数 measureSharpness を使用します。

データ型: table

名前と値のペアの引数

オプションの引数 Name,Value のコンマ区切りペアを指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を、任意の順番で指定できます。

例: plotSFR(myTable,'ROIIndex',2) は、ROI 2 の測定された鮮鋭度のみを表示します。

表示する ROI インデックス。'ROIIndex' と範囲 [1, 60] のスカラー ベクトルまたは整数ベクトルから構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。インデックスは、displayChart で表示された ROI 番号と一致します。

  • sharpnessMeasurementTable が鮮鋭度テーブルの場合、既定で plotSFR は、テーブルの最初の行から SFR プロットを表示する 1 つの Figure のみ作成します。

  • sharpnessMeasurementTable が鮮鋭度集計テーブルの場合、plotSFR は指定された ROIIndex を無視し、テーブルの各行に対して 1 つの Figure を作成します。

例: 29:32

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32

プロットの凡例の表示。'displayLegend'true または false から構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。displayLegendtrue の場合、SFR プロットはプロット上のそれぞれの曲線を識別する凡例を表示します。

データ型: logical

プロットのタイトルの表示。'displayTitle'true または false から構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。displayTitletrue の場合、SFR プロットは、個々の ROI インデックスまたは集計の ROI の方向を示すタイトルを表示します。

データ型: logical

表示されたイメージ オブジェクトの axes ハンドル。'Parent' と axes ハンドルとから構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。ParentplotSFR が作成したイメージ オブジェクトの親を指定します。

参考

関数

オブジェクト

R2017b で導入