ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

phantom

頭部ファントム イメージの作成

説明

P = phantom(def,n) は、radoniradon または他の 2 次元再構築アルゴリズムの数値精度のテストに使用できる頭部ファントム イメージを生成します。P は、いくつかの小さな楕円 (脳内の特徴を表す) を含む 1 つの大きな楕円 (脳を表す) から成るグレースケール イメージです。def は生成する頭部ファントムのタイプを指定し、n はファントム イメージの行数と列数を指定します。

P = phantom(E,n) は、ユーザー定義のファントムを生成します。ここで、行列 E の各行は、イメージ内の楕円を指定します。E には 6 つの列があり、各列に楕円のパラメーターが 1 つずつ含まれています。

[P,E] = phantom(___) は、ファントムの生成に使用する行列 E を返します。

すべて折りたたむ

改良型シェップ ローガン頭部ファントム イメージを作成して表示します。

P = phantom('Modified Shepp-Logan',200);
imshow(P)

入力引数

すべて折りたたむ

生成する頭部ファントムのタイプ。次のいずれかを指定します。

  • 'Shepp-Logan' — 断層撮影で研究者が広範に使用するテスト イメージ。

  • 'Modified Shepp-Logan' — より優れた視覚認知のためにコントラストを向上させた Shepp-Logan のファントムのバリアント

データ型: char | string

ファントムの行と列の数。正の整数として指定します。

データ型: double

ファントムを定義する楕円。e 楕円を定義する e 行 6 列の数値行列として指定します。E の 6 個の列は、楕円パラメーターです。

パラメーター

意味

Column 1

A

楕円の付加的強度値

Column 2

a

楕円の水平方向の半軸の長さ

Column 3

b

楕円の垂直方向の半軸の長さ

Column 4

x0

楕円の中心の x 座標

Column 5

y0

楕円の中心の y 座標

Column 6

phi

楕円の水平方向の半軸とイメージの x 軸の間の角度 (度単位)

x および y 座標軸の領域は [-1,1] です。列 2 から列 5 までは、この範囲で指定しなければなりません。

データ型: double

出力引数

すべて折りたたむ

ファントム イメージ。nn 列の数値行列として返されます。

データ型: double

ヒント

出力イメージ内にあるどのピクセルについても、ピクセル値は、そのピクセルが含まれているすべての楕円の付加的強度値の合計と等しくなります。ピクセルがどの楕円にも含まれていない場合、その値は 0 になります。

楕円の付加的強度値 A は、正にも負にもすることができます。負の場合、楕円は周りのピクセルよりも暗くなります。A の値によっては、一部のピクセルの値が [0,1] の範囲外になることがあるので注意してください。

参照

[1] Jain, Anil K., Fundamentals of Digital Image Processing, Englewood Cliffs, NJ, Prentice Hall, 1989, p. 439.

参考

|

R2006a より前に導入