Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

niftiinfo

NIfTI ファイルからメタデータの読み取り

説明

info = niftiinfo(filename) は、filename で指定された Neuroimaging Informatics Technology Initiative (NIfTI) ファイルからメタデータ info を返します。関数 niftiinfo は、ファイル形式 NIfTI1NIfTI2 の両方をサポートしています。

すべて折りたたむ

NIfTI ファイル brain.nii からメタデータを読み込みます。

info = niftiinfo('brain.nii');

ファイルのバージョンを表示します。

info.Version
ans = 
'NIfTI1'

ファイルのピクセル次元を表示します。

info.PixelDimensions
ans = 1×3

     1     1     1

生のヘッダー コンテンツを表示します。

info.raw
ans = struct with fields:
        sizeof_hdr: 348
          dim_info: ' '
               dim: [3 256 256 21 1 1 1 1]
         intent_p1: 0
         intent_p2: 0
         intent_p3: 0
       intent_code: 0
          datatype: 2
            bitpix: 8
       slice_start: 0
            pixdim: [1 1 1 1 0 0 0 0]
        vox_offset: 352
         scl_slope: 0
         scl_inter: 0
         slice_end: 0
        slice_code: 0
        xyzt_units: 0
           cal_max: 0
           cal_min: 0
    slice_duration: 0
           toffset: 0
           descrip: ''
          aux_file: ''
        qform_code: 0
        sform_code: 0
         quatern_b: 0
         quatern_c: 0
         quatern_d: 0
         qoffset_x: 0
         qoffset_y: 0
         qoffset_z: 0
            srow_x: [0 0 0 0]
            srow_y: [0 0 0 0]
            srow_z: [0 0 0 0]
       intent_name: ''
             magic: 'n+1 '

生の構造体からインテント コードを表示します。

info.raw.intent_code
ans = 0

入力引数

すべて折りたたむ

NIfTI ファイルの名前。string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。

  • ファイル拡張子を指定しない場合、niftiinfo は、拡張子 .nii が付いたファイル (ファイルが圧縮されている場合は .nii.gz) を探します。

  • niftiinfo は、拡張子 .nii または .nii.gz が付いたファイルが見つからない場合、.hdr ファイル拡張子が付いたファイル (ファイルが圧縮されている場合は .hdr.gz) を探します。デュアルファイル NIfTI 形式では、.hdr ファイルはボリュームに関連付けられたメタデータを保持します。

データ型: char | string

出力引数

すべて折りたたむ

NIfTI ボリュームに関連付けられたメタデータ。構造体として返されます。

niftiinfo は、ヘッダーのメタデータを簡略化した形式で返します。この関数は、フィールドの名前変更、並べ替え、パッケージ化をすることで、MATLAB® 構造体を読み取りやすくします。たとえば、niftiinfo はファイルのメタデータの cal_maxcal_min フィールドから DisplayIntensityRange フィールドを作成します。raw ファイルに表示されるメタデータを表示するには、返される構造体のフィールドを参照してください。

参照

[1] Cox, R. W., J. Ashburner, H. Breman, K. Fissell, C. Haselgrove, C. J. Holmes, J. L. Lancaster, D. E. Rex, S. M. Smith, J. B. Woodward, and S. C. Strother. "A (sort of) new image data format standard: NiFTI-1." 10th Annual Meeting of Organisation of Human Brain Mapping, Budapest, Hungary, June 2004.

R2017b で導入